情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Instagram】ブロックされているかどうかを確認する方法

Instagram (171)

Instagramにて、「ブロックされているかも?」と思った際に、ブロックされているかどうかを確認する方法を紹介します。

同じブロック機能がある「LINE」では、ブロックされているかどうかを見分けることが難しいのですが、Instagramであれば、簡単にブロックされているかどうかを確認することができます。

今回は、Instagramで相手にブロックされたときにどのようなことが起こるのかについて紹介します。

ブロックされた側に通知は来るの?

まず大前提ですが、もし本当にブロックされたとしても、「ブロック通知」のようなものは届きません

したがって、「気が付かないうちにブロックされていた」ということは起こりえます。

そのため、ブロックされているかどうかは、自分から確認する必要があります。

ブロックされているかどうかを確認する方法

インスタグラムで相手にブロックされているかどうかを確認するには、相手のプロフィールドを開くことが一番です。

プロフィールを開いたとき、ブロックされていれば、かなり分かりやすい表示となります。

具体的には、ブロックされていた場合、プロフィール画面を開いた瞬間、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。そして、「投稿」の部分に投稿数が表示されるにもかかわらず「投稿がありません」と表示されて、一切投稿画像や動画が表示されません。これがブロックされている場合の特徴です。また、「ユーザーが見つかりませんでした」というエラーメッセージが各所に表示されるのも特徴の一つです。

逆に、画像が普通に表示されたり、「ユーザーが見つかりませんでした」と画面上部に表示されなければ、ブロックされていないことが分かります。

また、メッセージボタンをタップしたり、メッセージの一覧から、過去のDMを見たり、送信したりすることはできます(エラーも出ません)が、相手のDM履歴には表示されず、メッセージが届かなかったような扱いとなり、連絡が取れない状態となります。

以上の挙動をヒントに、ブロックされているかどうか、確認してみてください。まずプロフィールを開くところがポイントです。

プロフィール画面を開けない場合は

しかし、フォロー一覧や、フォロワー一覧から、ブロックされているかどうかを確認したいプロフィールを開こうとしても、見つからない場合があります。

実はブロックされると、フォロー一覧やフォロワー一覧から削除、つまり、フォローがはずれた状態になるので、それらの一覧に表示されなくなります。

その時点でブロックされている可能性が濃厚となってくるのですが、しっかりとプロフィール画面を開いてブロックされているかどうかを確認したい場合には、「検索」タブから「ユーザー名」を使って検索して、プロフィールを開いてみてください

ブロックされていても、検索の「上位検索結果」や「アカウント」には引き続き表示されるようです。

「ブロックされました」エラーに注意

なお、友達に「いいね」や「コメント」をしようとした際に、「ブロックされました」と表示されて、「ブロックされているのかも?」と思ってしまうことがあります。

しかし、「ブロックされました」や「アクションはブロックされています」といったエラーは、ユーザーにブロックされて表示されるエラーではなく、Instagram運営にブロックされたときに表示されるエラーであり、また別のものです。

その「ブロックされました」エラーが表示されたからといって、「○○さんにブロックされた」のように思ってしまわないように注意してください。前述のプロフィール画面を開く方法で確認してみてください。

関連:【Instagram】いいねできない・「ブロックされています」エラーになる障害発生中

コメント(0)

新しいコメントを投稿