情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPadをiPadOSにアップデートする手順とアップデートできない原因や注意点について

iOS 13 (42) iPad (22) iPadOS (4)

iPhoneのiOS13アップデートに続き、iPadに対してはiPadOSアップデートの提供が開始されました。

iPadをiPadOSにアップデートする手順やアップデートできない場合に確認したいことについて、紹介します。

※9月25日にiPadOS 13.1が正式リリースされたため、記事を更新しました。

iPadOSへのアップデート前の注意

iPadOSへのアップデートには、アップデートできる条件や、アップデート前に行っておきたい手続きなどがあります。それらについて紹介します。

iPadOSにアップデートできるのは9月25日以降

iOS13は、iPhoneに対して日本時間9月20日にリリースされました。

しかし、iPadOSは同時配信ではなく、日本時間9月25日にリリース予定です。

そのため、それまではアップデート操作を行ったとしても、アップデートはまだ実行できません。9月25日、予定通りiPadOSの配信が開始され、アップデート可能となりました。

iPadOSにアップデートできる機種

iPadOSへのアップデートができる端末は以下の通りで、古すぎるiPadはアップデートを行うことはできません

12.9インチiPad Pro
11インチiPad Pro
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad(第7世代)
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad mini(第5世代)
iPad mini 4
iPad Air(第3世代)
iPad Air 2

引用元

また、iPhoneやiPod touchでiPadOSを利用することもできません。

空き容量の余裕が必要

iPadの空き容量が不十分の場合、アップデートを行うことができません。

そのため、あらかじめiPadの空き容量を十分確保するようにしてください

参考:空き容量の確認方法

アプリごとの対応状況に注意

大きなアップデートを行うこととなるため、特定のアプリで不具合が発生してしまうことが想定されます。

そのため、iPadOSへの各社の対応状況について調べておくと、トラブルを未然に減らすことが可能です。

iPadOSの対応状況が公表されていない場合は、iPadOS 13と対になっている「iOS13」への対応状況が参考になる場合があるので、そちらを参考にしておくのも良いかと思います(※例えばiOS13で致命的な不具合が案内されている場合は、iPadOSでも同様の不具合が発生することが想定されるのでアップデートを控える、など)

対応状況については、各アプリの公式サイトや、公式Twitterアカウントなどを確認してみてください。

また、すべてのアプリの開発元がそのような対応状況を発表している/発表するわけではないので、リリース直後はひとまず様子をみて、ユーザー側からの不具合情報が出てくるのを待つ、といった対応も大切となってきます。

事前にバックアップを

その他、iPadOS自体の不具合が発生することも予想されます。

そういったトラブルに備えるために、iPadOSへのアップデートは今までのiOSアップデート同様、アップデート前にデータのバックアップを作成しておくことをおすすめします。

まずiPad全体のデータについては、iCloudまたはiTunesを利用して、バックアップを行うことが可能です。

また、「LINE」アプリやゲームアプリなど、個別のアプリでバックアップなどの操作ができる場合は、あらかじめバックアップ操作を行っておいたり、ログイン情報(ログインに使うメールアドレスなど)を確認しておく、といったこともおすすめです。

時間があるときにアップデートを行う

アップデートを一度始めてしまうと、しばらくの間、iPadを操作できない状態になってしまいます。

そのため、iPadを使わなくても大丈夫な時間帯を選んで、アップデート作業を行うようにしてください。

iPadOSへのアップデート手順

iPad向けのiOS最新版である「iOS12.4.1」から、「iPadOS」へのアップデート手順を紹介します。

今回、iOS13へのアップデートの代わりにiPadOSがアップデート先となることから、「ソフトウェア・アップデート」を利用することとなります。

まず最初に「設定」アプリを開きます

次に、「一般」タブの「ソフトウェア・アップデート」を選択します:

すると「アップデートを確認中...」と表示された後、次のように、「iPadOS 13.1」アップデートが表示されるので、「ダウンロードとインストール」をタップします:

※「iPadOS」は今回が初めてのリリースですが、iOS13.1に相当するバージョンであるため、iOSとバージョン番号が揃い、「iPadOS 13.1」がバージョン番号となっています。今回「iOS13」と「iPadOS」の2系統に分かれましたが、大部分は共通で、そこまで完全に別物になった訳ではない、ということを感じさせるバージョン番号です。

パスコードの入力が求められるので、iPadのパスコードを入力し、利用規約に対して「同意する」→「同意する」とタップします。

すると、「アップデートを要求しました...」と表示が切り替わり、アップデートのダウンロードとインストールが開始されるので、完了を待つようにしてください。

アップデートが完了すると、「アップデートが完了しました」と表示されて、iPadOSへのアップデートが完了します。

コメント(0)

新しいコメントを投稿