情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPadOS15にアップデートして大丈夫?不具合情報まとめ

iPad (29) iPadOS 15 (7)

2021年9月21日リリースされたばかりの「iPadOS 15」へのアップデート後に報告が増えている不具合などについての情報をまとめて紹介します。

これからiPadOS 15へのアップデートを検討している場合や、iPadOS 15へのアップデート後に発生した問題がiPadOS 15アップデートによるものなのか、対策情報ないのか、などを調べる際に参考にしてみてください。

なお、特にアプリ関連の不具合ですが、iOS 15アップデートと共通して発生する場合も少なくないため、iOS 15における不具合情報も同時に参考にしてみてください。

iPadOS 15 で発生報告が増加している不具合について

iPadOS 15 の提供開始以降、報告が増加している不具合としては、以下のようなものがあります。

  • 外付けキーボードのキー配列がJIS配列(日本語配列)からUS配列(英字配列)に変わってしまい戻せない/印字されている記号などのキーと、押したとき実際に入力されるキーとが異なる(例:Logicool Combo Touch、FOLIO TOUCH、Apple Smart Keyboard Folio、Magic Keyboard。詳細情報はこちら
  • iPadOS 15へのアップデート後に読み込み中とロック画面とを無限に往復してしまうループ状態になり起動できない/再起動を繰り返す(参考1参考2参考3参考4参考5
  • ホーム画面編集時の挙動が怪しい/配置が難しい/ウィジェットを配置するときにアプリの位置の変わり方がおかしい(はっきり不具合とは言えないものの、気になるユーザーが多い挙動となっています)
  • クイックメモが引っ張り出す途中で消えてしまう
  • Touch IDの反応が悪い
  • 源暎こぶり明朝フォントが利用できない

「クイックメモがiPad Air 2 で使えない」について

よく不具合かと思われる現象として、「iPad Air 2 でクイックメモが利用できない」という問題があるようです。

ただしこちらについてはiPadOS 15の新機能説明詳細ページの注釈(適用範囲が一見曖昧)にて、「A9チップ以降を搭載したiPadで利用できます。」とされており、iPad Air 2 はA8Xチップ、つまりA9より前のチップを搭載しているため、サポート対象外であると思われます。

同様に、iPadOS 15へのアップデートが可能なiPad mini 4もA8チップ搭載であり、こちらもサポート外であると思われます(※公式サポートはこちらのように言及しています)。

なお、iPad Proは第1世代からA9であり、iPadはA9未満がもともとiPadOS15非対応であり、該当する機種がない模様です。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿