情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGOバトルリーグができない「GOバトルリーグは行われていません」エラーの原因について(2020年6月13日発生中)

ポケモンGO (420) ポケモンGO-GOバトルリーグ (11)

2020年6月13日13時現在、ポケモンGOの「GOバトルリーグ」でパーティーを決定した直後、対戦の最初の画面に戻されて「GOバトルリーグは行われていません。しばらくしてから再度お試しください。」エラーが一瞬表示され、GOバトルリーグに参加できない問題が発生しています。

この問題の原因について。

対戦できない(参戦できない)

現在、ポケモンGOで「対戦」を開き、「参戦」をタップしてリーグを選択し、バトルパーティを選択して「決定」をタップしても次のエラーが表示されてしまい、対戦を開始できない問題が発生しています。

GOバトルリーグは行われていません。しばらくしてから再度お試しください。

バトルリーグ機能が停止中

このエラーが表示されるのは、運営がGOバトルリーグ機能の提供を停止していることが原因です。

この対応については、ポケモンGOの開発元であるNiantic社の公式Twitterアカウントにて、次の通り案内が行われています:

「脆弱性の調査」についての詳細は、英語版のアカウントにて案内が行われており、現在発生中のGOバトルリーグにおける不正行為(チート)対策の一環として、機能を一時的に停止していることが分かります。

Based on the above outlined steps, the disabling of GO Battle League means we’ve arrived at the “mitigation” step of our process for the current situation. There is plenty of work happening behind the scenes, and we’ll re-enable GO Battle League once we’re confident the “trust contract” will be honored.

引用元

対策について

今回行われている実質的な「メンテナンス」については、「この問題の解決策が見つかり次第アクセスを再開する予定です。」ともあるとおり、現時点で未定となっています。

しかし、ユーザー側で対処できる問題ではないため、復旧するのをしばらく待ってから再度アクセスしたり、公式Twitterアカウントから続報が発信されるのを待つようにしてみてください。

追記:GOバトルリーグ再開(6月24日)

6月24日、GOバトルリーグの再開が宣言され、再びGOバトルリーグでの対戦を行うことが可能となりました。

関連:「警告 あなたのアカウントが、改変されたクライアントソフトウェアもしくは許可されていない第三者の不正なソフトウェアを利用し...(ストライク1警告)」警告が増加中?

英語版アカウントのツイートのリンク先にも、2日ほど前から今回の機能停止に関わる不正行為(チート行為)への対処を試みている様子を読み取ることができますが、それと時を同じくして、次の「ストライク1」の警告が表示されるユーザーが増加している模様です。

警告

あなたのアカウントが、改変されたクライアントソフトウェアもしくは許可されていない第三者の不正なソフトウェアを利用し、利用規約に違反する形でPokemon GOにアクセスしていることが検出されたため、ストライク1が適用されます。ストライク1の状態は約6日間続きます。

このようなソフトウェアを利用したアクセスは止めていただくようお願いいたします。不正行為を続けて行った場合、アカウントが一時的に停止されます。

アカウント凍結に関する詳細は、ヘルプセンターでご確認ください。

この警告については、公式ヘルプの「不正行為に関する 3 ストライクポリシー」にて詳しく説明されています。

また、対応についての申し立て方法や、アカウント停止に対する申し立て送信手順なども案内されています。もし今回のタイミングで表示された場合は、そちらを参考にしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿