情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Instagram】タグ付けを削除する方法(「勝手に知らない人にタグ付けされた」など)

Instagram (209) Instagram-タグ (1)

Instagramにて6月9日頃より、知らないユーザーから突然タグ付けされるユーザーが急増しています。

そういったタグ付けを迷惑に感じた場合などに、そのタグを削除する手順を紹介します。

インスタのタグ機能

Instagramでは、投稿する写真に写っている人物に対して、「この人のアカウントはこちら」等を示すために、投稿画像内の特定の場所に対してユーザー名を埋め込む(リンクする)ことができます。

この埋め込んだユーザー名のことを「タグ」と呼び、自分が誰かの投稿にリンクされることを「タグ付けされる」と呼びます。

この「タグ」機能を使って自分が埋め込まれた場合、「○○が投稿にあなたをタグ付けしました」という通知が届きます。そのため、「どんな投稿からタグ付けされたんだろう?」と見に来る人を誘い込む目的で、投稿に無関係なユーザーを次々タグ付けし、通知を飛ばす迷惑行為を行うアカウントも出現しています。

そのような迷惑アカウント(スパムアカウント)にタグ付けされるユーザーが6月9日頃より急増しています。「CHECK MY BIO」や「」

タグの削除方法

自分がタグ付けされてしまったときには、そのタグを自分で削除することが可能です。

まず、最初に、通知や「アクティビティ」機能(ハートタブ)から、タグ付けされている投稿をタップして開きます

そうしたら、右上に表示される「・・・(メニュー)」ボタンをタップします:

するとメニューが表示されるので、「タグのオプション」をタップします:

すると「タグのオプション」が表示されるので、「投稿から自分を削除」をタップします:

最後に「投稿から自分を削除」という確認画面が表示されるので、「削除」をタップすれば、削除完了です。

タグが消えない場合について

削除を実行しても、まだタグが残っているように表示されてしまう場合があります。

そういったときは、再度タグ付けされた投稿を開き直す(再読み込みする)ようにしてみてください。

「何らかのエラーが発生しました。後ほどもう一度実行してください」エラーでタグを削除できない場合

タグを削除しようとした際に、エラーが発生してタグ削除ができない場合があります。

このエラーが表示されてしまう場合は、しばらく待ってから再度タグ付けの削除を上記の手順で行うか、投稿やタグ、投稿を行ったユーザーが削除済みになっていないかブラウザ版Instagramから確認してみるなどの対応を行ってみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿