情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS14】「ローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています」が表示されるのは何?や対処方法・設定の変更方法などについて

Netflix (23) YouTube (112) iOS (351) iOS 14 (46) iPhone (1493)

iOS14へのアップデート後に、YouTube MusicやNetflix等のアプリを起動した際に、「○○がローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています」と表示される場合があります。

この表示に関して、iOS14からの新機能である影響か詳細説明が英語のまま表示されていることもあり、どういう意味の表示/エラーなのかが読み取れずに困ってしまう場合があるようです。

そこで今回は、この表示について簡単に紹介します。

「Netflixがローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています」などの表示

iOS14へのソフトウェアアップデート後にアプリを起動した際に、次のようなメッセージが表示されることが増えています。こちらはYouTube Musicの例です。

“YouTube”がローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続をもとめています。
Access to your network allows YouTube Music to discover and connect to devices such as your TV.
[許可しない] [OK]

※前半部分は英語設定の場合「“YouTube” would like to find and connect to devices on your local network.」。

現在多くのアプリで後半の説明部分が英語表示されてしまっており、どういった目的のものなのかが読み取りにくい状態となっています。

他にも、次はNetflixで表示される例です:

“Netflix”がローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続をもとめています。
This will let you easily send what you're watching on your iPhone or iPad to your smart TV or streaming devices for bigger screen enjoyment.
[許可しない] [OK]

「ローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続」とは?

今回表示される「許可」は、カメラの利用許可やマイクの利用許可、位置情報の利用許可などと類似したものです。

今回の利用許可の文章内に登場する「ローカルネットワーク上のデバイス」という言葉を過不足なく説明するのは難しいのですが(Appleの説明を探してみましたが、「ローカルネットワーク」を分解して説明しているパターンは見つけられず)もともと想定されてしているものは、「家の中のネットワークにつながっている端末(デバイス)」や「同じWi-Fiに繋がっている他の端末(デバイス)」といった端末たちで(具体的にはテレビやFire TV、Chromecastなどがイメージしやすい例です)、それらを含む、同じネットワークにつながっている端末たち全般、のことを指しています。そしてそういった端末たちを検索するための通信をしたり、実際に個別の端末と通信したりすることを許可しますか?ということが、質問の内容です。

Local network privacy provides added transparency when apps connect to devices on a person's home network. If your app interacts with devices using Bonjour or other local networking protocols, you must add support for local network privacy permissions in iOS 14.

Support local network privacy in your app - WWDC 2020

先ほどのYouTube Musicの例では、英語部分で「アクセスを許可すると、テレビのような端末を見つけたり、接続したりすることができます」と説明されており、「デバイスに接続」機能(iPhoneで選んだ動画をテレビなどの端末で再生する機能)を利用するために必要な許可(権限)と考えられます。実際にここで「許可しない」を選択すると、「デバイスに接続」ボタンが表示されず、機能が利用できなくなります。

Netflixの例では「より大きな画面で楽しむために、iPhoneやiPadで見ている動画を簡単にスマートテレビやストリーミング端末へ送信できます」と、より具体性の高い説明になっています。許可しなかった場合、接続するデバイスを選択する画面で何も見つからずに「利用できるデバイスがありません」と表示されるようになります。

こういった用途の説明の他に判断の前提となるのが、各アプリの利用規約やプライバシーポリシーなので、そちらの内容も加味して判断する(信用するか含め)、といったことになるダイアログです(他の許可と同様に)。

とりあえず「許可しない」を選んで後から許可を出す方法も

ただいずれにしても、「対応する端末を持っていない」などの明確な理由で、その機能を利用しないユーザーは利用しない機能である場合が多いと想定されますし(端末の存在前提のアプリ以外、つまり端末なしに利用できるメイン機能が別にあるアプリのほうが多いはず)、「ローカルネットワーク」といった登場する用語の意味もやはり難しめです(やはり「カメラ」や「位置情報」に比べたらイメージしにくく、身近に感じにくく、詳しい説明も英語で表示されることが多かったり)

そういったことを加味すると、ひとまず「許可しない」を選択しておいて、必要になった場合、許可しなかったことにより使いたい機能が使えなかった場合などに許可することを検討するという方法での対応の相性が良いのではないかと思います(※今後このあたりの表示内容や表示タイミングは改善されていくのでは無いかとも思われます。現状、機能を利用する直前ではなくアプリを開いただけで表示され、何の目的で使うのかイメージできないことも多い)

後から許可する方法

ではいざ使いたい、先ほどのYouTube Musicの例で言えば「Fire TV Stickを買ったから、デバイスに接続する機能が使いたくなった」といった場合どうすれば良いかというと、まずiPhoneの「設定」アプリを開きます(※一度拒否すると、アプリ内から再度許可を出すことはできないため。ただしアプリから設定画面に転送してくれる場合もあります)

そして、「プライバシー」を開いてから、「ローカルネットワーク」を開きます

すると、これまでに「ローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています」が表示されたアプリと、許可したか許可しなかったかの状態を確認することができます。

許可しないを選択した場合、ここでの表示がグレー(オフ)になっているので、ここを緑(オン)に切り替えることで、「後から許可を出す」を実施することが可能です

設定を変更したら、改めてアプリに戻ってみてください。

後から「許可を取り消す」もできる

同じ設定画面から、一度よく分からずに出してしまった許可を取り消すことも可能です(オンの状態からオフに切り替える)。こちらの操作も適宜活用してみてください。

その他のダイアログ例

YouTubeアプリでは、テレビに写す機能のボタンをタップした時点で「ご家庭のデバイスでYouTubeを楽しみましょう はじめに、ローカルネットワークへのアクセスを許可してください」というYouTubeアプリ内の説明が表示された後、「次へ」をタップして初めて「ローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています」ダイアログが表示される、丁寧な構成になっています。許可しなかった場合にも、設定に移動して設定を変更することを促す専用の表示になります。

“YouTube”がローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています。
Access to your network allows YouTube to discover and connect to devices such as your TV.

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿