情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS14】数字キーボードの複数回タップで記号入力ができない変更について

iOS (358) iOS 14 (54) iPhone (1510)

iOS14へのアップデート後、記号の入力の方法が変わってしまい、「数字キーボードにしたとき、記号が入力できなくなってしまった」「記号の入力の仕方が変わってしまった」といった声が一部のユーザーからあがっています。

この変更の内容について紹介します。

iOS13の数字キーボードと記号入力

iPhoneの「設定」アプリの「一般>キーボード」で「フリックのみ」を「無効」にしてiOSの標準キーボードを利用している場合、数字入力モードにしてから、数字キーを2回以上タップすると、記号を入力することができていました

例えば、「1」キーを3回連続でタップすると、「♪」が入力できていました:

iOS14での変更

しかしiOS14へのアップデート以降、この方法を使用した数字キーボードからの記号入力ができなくなりました。

「1」キーを3回連続でタップすると、「111」と入力されてしまいます(変換候補には表示されます)。

この変更が不具合で今後修正されるものなのか、それとも仕様変更なのか不明ですが、iOS 14.0 から iOS 14.0.1 へのアップデート以降もこの挙動は継続しています。

対策について

このような機能の変更が行われており、設定変更などでこの挙動を元に戻す方法は発見できていないため、記号を入力する場合はフリック入力(数字キーを押しながら上下左右に動かして/フリックして記号を入力する)か、変換候補をタップする操作を最後に行うなど、別の入力方法を行うようにしてみてください。

なお、iOS標準のキーボードとは別にキーボードアプリをインストールして利用することで、iOS14へのアップデート後も数字キーボードの複数回タップで記号入力ができる場合があります(Simejiで引き続き操作可能であることを確認しました)。ただし、キーボードそのものが別物となり、その他の操作性にも変化が発生するため、それで代替となるかは利用者それぞれだと思いますが、そういった別のキーボードの利用もあわせて検討してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿