情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Mac】「拡張機能がブロックされました プログラムKarabiner-VirtualHIDDevice-Managerが新しい拡張機能を読み込もうとしました」エラーが表示された場合の解消手順(macOS Big Sur)

Karabiner Elements (3) Mac (66) macOS Big Sur (11)

MacBook Pro(macOS Big Sur 11.0.1)のKarabiner-Elementsのアップデート後、「拡張機能がブロックされました」というメッセージが表示されました(このとき、Karabiner-Elementsのその他の画面は表示されていませんでした)。

その際の対処手順を紹介します。

「拡張機能がブロックされました」

Karabiner-Elementsの最新版へのアップデート後にmacOSを再起動した後、次のダイアログが表示されました。

拡張機能がブロックされました

プログラム“Karabiner-VirtualHIDDevice-Manager”が新しい機能拡張を読み込もうとしました。これらの機能拡張を有効にしたい場合は、“セキュリティとプライバシー”システム環境設定を開いてください。

[OK]
[“セキュリティ”環境設定を開く]

この時点でKarabiner-Elementsが起動していることはメニューバーの表示を見れば確認できるのですが、Karabiner-Elementsの設定内容が動作しておらず、キーの変換設定が反映されていない状態でした。

「セキュリティ環境設定」で設定を変更する

この画面が表示されたら、「セキュリティ環境設定を開く」をクリックします。

すると「セキュリティとプライバシー」画面が開くので、まず左下の「カギ」マーク(変更するにはカギをクリックします、のところ)をクリックします(パスワードが要求されます)。

すると画面下の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の部分が編集できるようになるので、「アプリケーション“.Karabiner-VirtualHIDDevice-Manager”のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」ボタンをクリックします。

すると表示が消えて、設定完了です。この時点から、Karabiner-Elementsの設定が正しく今まで通り動作するようになりました。

「許可」ボタンが「セキュリティとプライバシー」画面に表示されない場合は

この「許可」ボタンが表示されないことがあったのですが、その場合はKarabiner-Elementsを、macOS Big Surに対応している最新版(13.0.0以降)へアップデートしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About