情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Instagram】下書きが消える・下書きが消えている不具合について

Instagram (225) Instagram-iPhone (6) Instagram-下書き (1)

2020年12月18日頃より、iPhone版Instagramにて、「下書きが消える」「下書きが消えた」などの報告が増加しています。

この下書きが失われる問題について。

下書きが消える

2020年12月19日現在、「下書きが消える」「下書きがなくなっている」などの声が増えています

せっかく保存しておいた下書きが消えてしまい、編集していた内容や、書いていた文章が失われ、加工しなおしや描き直しが必要となってしまっています。

下書きの再保存に失敗する?

現在最新版のiPhone版Instagramバージョン169.0で確認すると、下書き保存機能自体は利用できるものの、保存してあった下書きを開いた後にまた投稿せずに抜けると、その直後の画面には下書きが残っているものの、その画面から抜けてもう一度投稿画面(画像選択画面)に入り直すと、先ほど開いた下書きが消えてしまう現象が発生している模様です。

「下書きが消えている」ことに気が付けるのが再び投稿画面を開いたときで、ただ下書きが麺を抜けただけではまだ残っていて気が付けないため、後から「気が付いたら下書きが消えている」「なんか気が付かないうちにどんどん下書きが消えていく」のような状態になってしまいやすいものと思われます。

なお、Android版では下書きを再度開いて改めてそこから抜けると「変更が保存されました」と表示され、下書きが失われることはなく、この点からも、iPhone版Instagram側の動作が不具合であると考えられます(※Android版はAndroid版で、そもそも下書き機能が利用できない状態になってしまう不具合が発生しています)。

対策について

このように、現在新たな下書きだけでなく、以前から保存しておいた下書きに関しても「消えてしまう」問題が発生しているため、この不具合が修正されるまでしばらくの間、Instagramの下書き機能は利用せず(突然消えてしまうリスクが高いため)、長い文章はメモアプリなど別のアプリで編集しておくなど、別の手段を利用するようにしてみてください

アップデートが配信された場合はその新しいバージョンへのアップデートを行うようにしてみてください(ただし、下書き機能の不具合が複数発生しており、未知の下書きが失われる手順や挙動が存在する可能性もあり、下書き保存の動作に問題がないかどうかを確認するのも容易ではないため、消えてもそこまで問題のない、ちょっとした加工・文章で収まる範囲の下書きから利用を再開することをおすすめします)。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿