情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Chromebook】「F7」キーで「カタカナ変換」する方法

Chromebook (56) Chromebook-キーボード (1)

Chromebookを初めて利用すると、キーボードに「Fキー(ファンクションキー)」が用意されておらず、今まで「F7」キーを押して日本語変換時に「カタカナ」に直接変換していたユーザーが「使えないの?できないの?」と戸惑ってしまう場合があります

「Chromebookにはファンクションキーがないので「F7」キー変換ができないのか」というと実はそうではなく、Chromebookにもファンクションキーを入力する方法があるので、そちらについて紹介します。

F7キーを入力する方法(基本編)

キーボードにファンクションキーがなく、その代わりにいろいろな記号のボタンが最上段に並んでいるのがChromebookのキーボードなのですが、ファンクションキーが入力できないわけではなく、「検索キー(ランチャーキー)」と「数字」を同時押しすることで「F+数字」キーを入力した扱いになります

なので、「F7」を入力してカタカナ変換したい場合は、「検索キー(aの左隣のキー)」を押しながら、数字の「7」キーを押してみてください。

F7キーを入力する方法(実は使える編)

この方法を知ると「2つのキーを同時に押すの面倒だな」と思ってしまうかもしれないのですが、実は「ファンクションキー(Fキー)」の代わりにキーボード最上段に用意されている「記号のキー」たちの左から7番目のキー(ミュートキーの左隣の、太陽マークのキー)を押すことでも、カタカナ変換することが可能です。

日本語変換中(漢字変換中)でないときは「画面を明るくする」キーなのですが、日本語変換中であれば、F7キーを押したかのようにひらがな変換してくれます

なお、この最上段の記号たちを丸ごと(常に)ファンクションキーとして認識されるための設定も用意されており、この「F7」キーに限らず全部記号キーの左からN番目のキーをFNキーとして使いたい、という場合には、「設定」を開いて「デバイス>キーボード>キーボードの最上段のキーをファンクションキーとして使用する」を「オン」に設定変更してみてください。

Ctrlキーを利用する方法

なお、そもそも「F7」キーでカタカナ変換する以外にも、一発でカタカナに変換できる機能が用意されています。それは「Ctrl+I」というショートカットキーです。

このとき「Ctrlキーが押しにくい」となってしまう場合は、「検索キーとCtrlキーを入れ替える(検索キーのところをCtrlキーにする)」設定もできるので、こちらの方法も試してみてください。

F6キーで「ひらがな変更」なども同様

今回は「F7」キーによる「カタカナ変換」を紹介しましたが、以下も同様の方法で利用可能であることを確認しました。

  • F6(ひらがな変換):「検索キー+6」「暗くするキー」「Ctrl+U」
  • F7(カタカナ変換):「検索キー+7」「明るくするキー」「Ctrl+I」
  • F8(半角カタカナ変換):「検索キー+8」「ミュートキー」「Ctrl+O」
  • F9(全角アルファベット変換):「検索キー+9」「音量を下げるキー」「Ctrl+P」
  • F10(半角アルファベット変換):「検索キー+0」「音量を上げるキー」「Ctrl+T」(※「Ctrl+@」が利用できず)

利用したChromebook

今回利用したChromebookは、「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook CT-X636F(日本語キーボード、Chrome OS 87.0.4280.109)」です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About