情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【PayPay】突然届くSMS「この電話番号は登録済みです。ログインしてください。」は本物?について

PayPay (57) SMS (105)

SMSで突然「この電話番号は登録済みです。ログインしてください。」というメッセージが届き、「これは一体どこからのSMSだろう」「調べたところPayPay関連の詐欺らしい」などと戸惑うユーザーが少なくありません。

最近SMSを悪用した詐欺(偽SMS)が多く発生していることから警戒する人が急速に増えているSMSですが、このSMSも偽物なのか、一体何なのか、について紹介します。

「この電話番号は登録済みです」SMS

突然SMSで次のメッセージが届く場合があります。

この電話番号は登録済みです。ログインしてください。

送信元電話番号は「05031991197」で、ユーザーによってはPayPayの認証コードが同じ電番号から届いていることもあり「PayPay関連の何かなのではないか?」と思いつつ、何もしていないのに突然届いたから詐欺SMSなのではないか、偽物のSMSに違いない、と困惑してしまう場合があるようです。

PayPay公式Twitterでの案内

しかしこのSMSについて、送信元電話番号および文面を提示して「偽物のPayPayかもしれない」と困っているユーザーに対しては、PayPay公式サポートのTwitterアカウント(PayPay公式サイトからリンクされている本物のTwitterアカウント)から次のように「PayPayからのものです」との案内を行っており、必ずしも怪しいものではないということが確認できます。

このSMSは一体何なの?

では一体この突然届く「この電話番号は登録済みです。ログインしてください」というSMSは、どういったときに届く、どのような意味のメッセージなのか。

実はこのSMSは、既にPayPayに登録済みの電話番号を使って、PayPayに新規登録しようとした場合に送信される場合のあるSMSです。

PayPayアプリをインストールして「新規登録」画面から携帯電話番号を入力してアカウントを作成しようとしたとき、その電話番号が既にPayPayに登録済みかどうかが判定されます(2重登録はできないため)。

そのとき、既に登録済みの電話番号である、と判定されると、まずアプリの画面上に「この携帯電話番号は登録済みです 以下からログインしてください」が表示されます。

そしてそのとき、送信される場合と送信されない場合があるようなのですが、SMSでも似た「この電話番号は登録済みです。ログインしてください」というメッセージが送信される場合があり、これが今回届いたSMSの正体と考えられます。

※同じ文面を真似て、このSMSに対する偽物が今後発生する可能性もあるため、注意してください。今回紹介している本物は、メッセージ本文にURLや電話番号などの記載がなく、送信元の電話番号も特定のものです。したがって、この文面だから本物だ、と断定してはいけません。なお、この後紹介しますが、本物であっても偽物であっても、特にこのSMSに対して直接何かをしなければならない、という訳ではないため、このSMSを受け取って慌ててURLを開こう、であったり、電話番号に電話しよう、などと行動してしまわないように注意してください。

どういう場合に届くのか

では今回、特に新規登録しようとしたわけでもないのに突然届いたのはなぜなのか、と考えてみると、その可能性の一つがまさにPayPay公式からツイートされている「誤って電話番号を入力した」パターンです。

つまり、これからPayPayを使い始めようと新規登録をし始めたユーザーが、誤って電話番号を打ち間違えてしまい、それがたまたま「既にPayPayを利用しているユーザーの電話番号(今回これが受信者の電話番号)」と一致してしまい、今回のSMSが配信されてしまった、というケースです。

このケースがまず考えられます。

その他としては、何らかの悪意のある、イタズラをしよう、何か乗っ取りをしてやろう、PayPayアカウントを沢山作ってやろう、などと企んだユーザーがあなたの電話番号を入力する、もしくは、適当に入力した電話番号があなたの電話番号と一致した、といったケースです。

しかし新規登録できずに失敗している状況であり、結局何もできずに断られている状態で、特にそこから何かが起こる、といったこともないはずです。

なお、公式ヘルプでも、登録できない理由として登録済み電話番号を利用しようとしているケースが紹介されています:

ご入力いただいた携帯電話番号が、すでにPayPayに登録されている可能性があります。
入力した携帯電話番号をご確認ください。

引用元

SMSの文面の意図はこれと違いそう

ただし、これに関して「そうならそうとSMSに書いてくれればいいのに」と思うかもしれません。

しかしこれはどうやら、SMSの文面が、これらの「他人が操作した」ことを前提にしているのではなく、別のパターンの「ログイン画面じゃなくて間違えて新規登録画面からログインしようとしてしまった」パターンを前提に書かれていることが原因だと思われます。

これはどういうことかというと、既に登録済みの人がログインしようとしたとき、本当は「ログイン」画面を選択して、そこに電話番号とパスワードを入力すべきなのですが、誤って「新規登録」画面から電話番号を入力してログインしようとしてしまう、といったパターンは世の中の様々なサービスでよく発生するのですが、このときに「この電話番号は登録済みなので、もしかして新規登録画面とログイン画面とを間違えていませんか?新規登録じゃなくてログインをしてね」といった意味合いでSMSを送信して、ログイン画面へ誘導しようとしている、ということです。

ただ実際にこの操作を行ってもSMS以前に画面上にも同様のエラーが表示されそこにログインが表示されるため、多くの場合はSMSを見ずに同じ内容を読むことができるため、このパターンで受信した人に関しては、突然届いたユーザーと比べると驚いたり戸惑ったりすることは少ないものと思われます。

対処について

突然届いてびっくりした、というユーザーの場合、先ほどのように「誰かが間違えてあなたの電話番号を入力してPayPayに登録しようとしていた」といったことが考えられます。しかしこのSMSが届いた無いようにもあるとおり、その作成には「失敗」している状態であるため、特に何かをしなければならない、というわけではなく、そのまま放置しておく、という対処で良いかと思います。

なお、先ほどの公式Twitterアカウントでは「ご不安な場合は」としつつパスワード変更を案内しているため、パスワード変更を行ってみても良いかもしれません(公式の案内なので言及しておきます)

その他、間違えを何度も繰り返してしまった、という範囲を超えるほどあまりに何度も繰り返し届くような場合は、システム上の問題や、何らかのトラブルの可能性もあるため、PayPayサポートへの問い合わせを行ってみるのも良いかもしれません。

偽PayPayのSMSもあるので注意

なお、今回紹介したSMSは「本物のSMS」の話ですが、ではPayPayからっぽいSMSは全部本物か、といえば全くそんなことはなく、実際のところ、偽物のSMSが発生して問題となっており、公式から偽SMSに関する注意喚起も行われているため、引き続き注意するようにしてみてください。

関連:「[PayPay] 本人確認情報の更新をお願いします」SMS

今回のSMS同様、「[PayPay] 本人確認情報の更新をお願いします。変更がない場合も手続きが必要です。申請方法はこちら https://paypay.ne.jp/rd/s/dv/」というSMSに関しても、「偽物ではないか」と疑うユーザーに対して「PayPayからのものです」と本物であることを伝えているケースがあります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿