情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【SMS】「【最終警告書18:00】:Yahoo! JAPAN ご利用料金のお支払いについて」が突然届くユーザーが急増中(2022年7月18日発生中)

SMS (207)

追記:2022年10月1日夜より、同じ「最終警告書」という単語を含む、「B001最終警告書」や「A01最終警告書」のようなSMSが届くユーザーが増加しています(例:「【B001最終警告書】B01、重要なお知らせ、必ずお読みください。 https://cutt.ly/○○○○」)。

追記:2022年7月20日夕方頃より、「【18:00最終警告書1】Yahoo!JAPAN ご利用料金のお支払いについて。」という新しい文面のSMSが届くユーザーが急増しています。

加えて、類似のSMSとして、「【au要確認18:00】重要なお知らせ、必ずお読みください。」というパターンも増加中です。

本日2022年7月18日18時頃より、突然ショートメール(SMS)で「【最終警告書18:00】:Yahoo! JAPAN ご利用料金のお支払いについて。 https://cutt.ly/.......」のような通知が届いた、というユーザーが急増しています(時刻の部分はSMSによって異なります)。

突然届いたこのメッセージに慌ててどうすればいいのか分からないと困ってしまったユーザー向けの情報を紹介します。

最終警告書SMS

本日2022年7月18日18時頃より届くユーザーが急増しているのは、次のような文面のSMSです。「最終警告書」と書かれている部分の直後に「18:00」のような時刻が挿入されており、受信したユーザーによってその時刻が異なることが、ひとつの特徴となっています。

【最終警告書18:00】:Yahoo! JAPAN ご利用料金のお支払いについて。 https://cutt.ly/.......

偽物のSMSなのでURLを開かないように注意

このSMSには「最終警告書」という慌てさせるような文面が含まれており、また詳細が不明であることから、URLを開いて確認したくなってしまうかもしれません。

しかしこのSMSは、本物のヤフーが配信しているSMSではない、偽物のSMSであるため、内容も偽物であり、URLを開いて何かしなければと慌ててしまわないように注意してください。

URLのリンク先ページには「最終警告書」という、ヤフー関連の未納料金の支払い・請求画面のように見えるページが表示される場合がありますが、そのページ自体や、表示される未納料金(35,000円等)もすべて偽物であるため、指示通りに支払い手続きを進めたり、個人情報の入力を行ったりしてしまわないように注意してください。

Yahoo! JAPAN公式サイトからも注意喚起

今回のSMSの時刻がないパターン「【最終警告書】Yahoo! JAPANご利用料金のお支払いについて。」を例示した、Yahoo! JAPAN公式の注意喚起も行われているため、そちらの記事の内容も参考にしてみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿