情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Mac】アクティビティモニタでプロセスのパス(実行ファイルの場所)を調べる方法

Mac (70)

Macの「アクティビティモニタ」を開いてプロセスを確認している最中、特定のプロセスについて詳しく知りたいと思ったとき、そのプロセスの実行ファイルのパスを確認したくなる場合があります。

Windowsのタスクマネージャであれば、「詳細」タブの右クリックからプロパティを開くことでパス(場所)を確認することが可能で、詳細タブ内の「列」としても、「イメージパス名」や「コマンドライン」の表示を追加することで、一覧のまま確認することも可能です。

しかしMacのアクティビティモニタ上で同じような操作をしても確認できず、困ってしまう場合があります。

そうした場合に、プロセスの詳細情報を確認し、パスの情報を表示する方法について紹介します。

※macOS Ventura 13.0 で確認。

プロセスの詳細を表示する

アクティビティモニタを起動して詳細を確認したいプロセスをクリックして選択したら、アクティビティモニタのメニューバーで「表示」>「プロセスの詳細を表示」を選択します。

すると、そのプロセスに関する詳細を表示することが可能です。

詳細が表示されたら、「開いているファイルとポート」というタブを選択します(選択できる場合)。

選択できた場合は、そこに各種ファイルパスが表示されるため、そちらをまず参考にしてみてください。

「サンプルを収集」を実行する

ただしいろいろなパスが表示されてしまい、また、「開いているファイルとポート」自体が表示されない場合もあるため、左下に表示される「サンプルを収集」をクリックしてみてください。

すると(パスワードの入力が要求された後)、サンプルの収集結果が表示され、上から3行目に「Path」が表示され、そこでパスを確認することが可能です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About