情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Windows 11】仮想デスクトップの切り替えアニメーションが表示されない動作について

Windows 11 (37)

Windows 11 においてもWindows 10同様、「Win + Ctrl + ←/→」のショートカットキーで、仮想デスクトップを左右に切り替えることが可能です。

しかしこの切り替えを行った際に、Windows 10では仮想デスクトップが左右に移動するアニメーションが表示されていましたが、Windows 11 PCではそのアニメーションが表示されません。

この動作について紹介します。

Windows 11 では仮想デスクトップ切り替えのアニメーションが表示されない

Windows 10では、仮想デスクトップをショートカットキー「Win + Ctrl + ←/→」で切り替えた際に、表示中の仮想デスクトップが左右にスライドするアニメーションとともに切り替わり、仮想デスクトップの切り替わりが分かりやすくなっていました。

しかしWindows 11 PCで同じショートカットを利用してみると、確かに仮想デスクトップは切り替わるものの、アニメーション表示なしに切り替わります

開いていた仮想デスクトップ上のウィンドウが消え、移動先の仮想デスクトップ上で開いていたウィンドウが出現するだけです。

この影響で、従来の「仮想デスクトップ間を移動した」という印象が減り、「開いているウィンドウをまとめて入れ替えた」ような印象となっています。

視覚効果・アニメーション設定の問題ではない

この動作を見ると、Windows 11の設定で視覚効果の設定の影響かとも考えられましたが「設定」>「アクセシビリティ」内の「視覚効果」において、「アニメーション効果」は「オン」となったままで、この設定の影響で本来表示されるはずのアニメーションが無効化されている、というわけではないようです。

変化を際立たせるためにできることの例

アニメーションがないことで、現在どの仮想デスクトップを開いているのかを認識しにくくなってしまいました。

そこを多少でも補う、Windows 11標準で備わっている方法としては、「設定」>「個人用設定」>「背景】から、背景画像を選択する方法があります。

この背景に設定できる画像については仮想デスクトップごとに異なる画像を設定できるため、仮想デスクトップの移動を認識・見分けやすくなります。

ただし切り替わりのもたつきのようなものは残ります。Windows 10のような滑らかな動きに戻すには、今後のWindows 11のアップデートによる改善を待つこととなりそうです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿