情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 11でタスクマネージャーを開く方法(Windowsシステムツールがない、右クリックから開けない問題への対策)

Windows 11 (26)

Windows 11へのアップデート以降、一部のユーザーの間で「タスクマネージャーが開けなくなった」との声が上がっています。

この原因となっているWindows 11で行われた変更点や、Windows 11でのタスクマネージャーの開き方などについて紹介します。

タスクマネージャーが開けなくなった

一部ユーザーの間で、今まで利用していた方法でタスクマネージャーが開けなくなった、との声が上がっています。

分かりやすいところでは、今まではタスクバーを右クリックして表示されるメニューの中に「タスクバー」があったのですが、Windows 11ではそれが削除されており、タスクバーの右クリックからはタスクマネージャーが開けなくなっています

また、今まではスタートメニューに表示されるアプリの一覧の中にある「Windows システムツール」フォルダの中からタスクマネージャーを開くことができていましたが、Windows 11 のスタートメニュー内にある「すべてのアプリ」内からは「Windows システムツール」が削除されており、「タスクマネージャーが開けない」と困ってしまう原因となっているようです。

そのため、Windows 10でこれらの方法でタスクマネージャーを開いていた場合、別の方法を利用する必要があります(Windows 11にもタスクマネージャー自体は健在です)。

Windows 11でも利用できるタスクマネージャーの開き方

Windows 11でタスクマネージャーを開く方法はいろいろとあるのですが、そのうちのいくつかの方法を紹介します。

スタートボタンを右クリック

タスクバーから開く、という方法の場合、タスクマネージャーにある「スタートボタン(Windowsロゴのボタン)」を右クリックする方法があります。

表示されるメニューから「タスクマネージャー」を選択します。

この方法はWindows 10でも利用可能でしたが、Windows 11でも引き続き可能です。

ショートカットキーを利用する

キーボードの「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながら、「Esc」キー(キーボードの左上にあります)を押す、という方法でも、タスクマネージャーを開くことが可能です。

検索する

スタートボタンを押してスタートメニューを表示すると、「検索するには、ここに入力します」という入力欄が一番上に表示されます。

そこに「タスク」と入力すると、「最も一致する検索結果」に「タスク マネージャー」が表示されるので、それをクリックします。

ここで「タスクマネージャー」と入力してしまうと「Web結果を見る」が表示されてしまいます。これは「タスク」と「マネージャー」の間に半角スペースがないから、なのですが、「タスク マネージャー」と入力せずとも他に優先してヒットするものが特になければ「タスク」とだけ入力すれば、タスクマネージャーが表示され、そこから開くことができます。

「Windows ツール」から開く

スタートメニューから「Windows システムツール」フォルダが消えてしまった、というルートの代替も紹介します。

「スタート」ボタンをクリックしてスタートメニューを表示した後、右上に表示される「すべてのアプリ」をクリックしたら、表示される一覧の中から「Windows ツール」をクリックします(※今までのWindows システムツール、フォルダが存在しないため)。

すると別のウィンドウで「Windowsツール」の一覧が表示されます。その中に「タスクマネージャー」があるので、そちらを開きます。

「Windows アクセサリ」フォルダがなくなった問題について

なお、Windows 11では、「Windows システムツール」と同様に、「Windowsアクセサリ」フォルダも見当たりません。

こちらに関しても、先ほどの「Windows ツール」を開くと、その中に今までWindowsアクセサリ内にあったツールが表示されるので、「Windowsアクセサリ」の代わりに「Windowsツール」を開いてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿