情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ALGS Year 3】リージョンファイナルの現在順位・ポイント数を確認する方法(2022年12月11日開催)

Apex Legends (236)

本日2022年12月11日15時より、Apex Legendsの公式大会「ALGS」のYear 3、プロリーグ スプリット1 リージョンファイナル(Regional Finals)が開催されます。

その成績をリアルタイムで確認する方法について紹介します。

リージョンファイナル成績を見る方法

本日開催されるALGS Year 3 リージョナルファイナルは通称ポーランドルールで開催され、その最新の戦績(現在順位・現在ポイント等)は、eスポーツ大会開催サービス「Battlefy」内の、次のURLから確認することが可能です:

注意:しかし20時45分現在、上記リンク先サービス「Battlefy」が重い・読み込めないなlどの問題が発生しています(詳細

Battlefy以外に、次のliquipediaでも戦績が更新されているため、表示方法は異なり、チーム名も略称になっており注意が必要ですが、そちらでの確認も行ってみてください。

成績の見方

Battlefyの専用ページにアクセスすると、「GROUP STANDINGS」タブがリージョンファイナルの総合成績、「GAME 1、GAME 2、...」などのタブが、1試合ごとの成績を示しています。

マッチポイントが点灯したチーム(ポイントが50以上になったチーム)は、「GROUP STANDINGS」のランキング内に引かれた「Match Point Eligible」の線より上に表示されるようになります。

マッチポイントが点灯したチームがその後チャンピオンを取ると、その時点ポイント関係なく、そのチームが1位となります(そして今回、これまでの順位などに寄らず、世界大会プレイオフスプリット1進出が決まります)。

その1位以外のチームは、その時点のポイントを基準に順位が確定し、その順位に基づくポイントが、これまで行われたプロリーグでの獲得ポイントに加算され、世界大会進出チームが決まります。

これまでの獲得ポイントに加算されるため、本日の順位が良くとも、これまでの成績が悪かった場合、世界大会へ進むことはできない、という点には注意が必要です。

一方で1位を取ってしまえばここまでのプロリーグの成績での順位関係なく世界大会へ進むことができるため、ここまで下位だったチームにとっての大きなチャンスとなっています。

※各チームに「DNP」と表示されているのは、まだ1試合も行われておらず順位が付いていないことを意味します(Did Not Playの略)。

※PCから成績ページにアクセスすると、公式配信も再生され、そちらでもリアルタイムの戦績が案内されるため、そちらで順位を確認することも可能です。

リージョンファイナル開始直前のプロリーグのポイント・順位を確認する方法

リージョナルファイナルの順位によって獲得されるポイントは、これまで開催されていたプロリーグスプリット1での獲得ポイントに加算されます。

また、もともとリージョナルファイナルに参加できるチームは、プロリーグスプリット1での成績順位上位20チームのみとなっています。

そのプロリーグスプリット1での成績一覧は次のページから確認することが可能です:

公式配信の視聴方法

公式配信は、次のページから視聴することができます。

また、マップ配信も、次のページで配信されています:

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿