情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ChatGPT障害情報】「Hmm…something seems to have gone wrong.」エラーで使えない発生が急増中

ChatGPT (149)

本日2023年2月21日17時30分現在、ChatGPT(チャットGPT)にて、「Hmm...something seems to have gone wrong. Maybe try me again in a little bit」というエラーが表示されてしまい返信が表示されない問題が、一部のユーザーの間で発生しています。

このエラーの発生に関する情報を紹介します。

追記:最新情報(2023年11月8日)

本日2023年11月8日23時30分現在、モバイル版ChatGPTアプリなどで「Hmm...something seems to have gone wrong.」エラーが発生し、チャット機能が利用できない問題の発生するユーザーが急増しています。

詳しい障害発生情報などについては、こちらの記事を参考にしてみてください→→「ChatGPTがエラーで使えない障害発生中(「Something went wrong」「Hmm…something seems to have gone wrong」「ChatGPT is at capacity right now」エラー等)

「Hmm...something seems to have gone wrong.」エラー

本日2023年2月21日17時30分現在ChatGPT(チャットGPT)にて、次のエラーの発生が急増しています。ChatGPTに質問しても、しばらくしてこのエラーが表示されるのみで、回答が返ってこない状態です。AIチャット機能を利用することができません。

Hmm...something seems to have gone wrong. Maybe try me again in a little bit.

日本語訳

このエラーメッセージ自体の意味は、「何らかのエラーが発生したようです。しばらくしてから再度やり直してみてください。」という意味です。

障害発生中

質問に対してエラーが返ってくることで、「AIでもこの質問は答えにくいのかもしれない」のように受け取ってしまうケースもあるようですが、このエラーは現在発生しているChatGPTの障害の影響と思われます。

対策について

そのため、ユーザー側で何か対策を行うのではなく、運営側の対策が完了して障害およびエラーの発生が解消されるのをしばらく待ってから、再度質問をやり直すようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿