情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ChatGPT】「Your account was flagged for potential abuse.」エラーで電話番号を登録できない原因と対策について

ChatGPT (95)

ChatGPT(チャットGPT)の電話番号登録で「Your account was flagged for potential abuse. If you feel this is an error, please contact us at help.openai.com」エラーが表示されてしまい、電話番号を登録できない問題が発生してしまう場合があります。

この問題発生の特徴や、よくある原因およびそれに対する対策方法について紹介します。

電話番号がエラーになってしまう

ChatGPT(チャットGPT)に新規登録しようとした際に、電話番号登録画面(Verify your phone number)に次のエラーが表示されてしまい、電話番号を登録できない・SMS認証へ進むことができない問題が発生してしまい、ChatGPTアカウントを作成できない状態になってしまう場合があります。

[+81 xxxxx]
Your account was flagged for potential abuse. If you feel this is an error, please contact us at help.openai.com

[Send code]

エラーメッセージの日本語での意味

このエラーメッセージを簡単に日本語に翻訳すると、次のような意味となります:

あなたのアカウントは不正利用の可能性があるアカウントとして登録されています。

初回登録・別の電話番号でもエラー

一度も登録したことがないのにこのエラーが表示されてしまったり、電話番号を変更しても(別の電話番号を登録しようとしても)エラーとなってしまう場合がある、というのも特徴です。

よくある原因について

このエラーが発生する原因としてよくあるのが、アカウント登録を行う際に利用しているネットワーク(回線)です。

一部のネットワーク(回線)から登録しようとした場合や、一部のネットワークを経由して登録しようとした場合等に、このエラーが発生してしまう場合があるようです。

対策について

そのため有力な対策は、別の回線を使用して登録するという方法です。

例えば、iPhone/Androidスマートフォンから登録していた場合、Wi-Fiオンでエラーが出たならオフにしてから、再度ChatGPTのトップページから入り直して登録をやり直したり、その逆にWi-Fiオフでそのエラーが表示されたらオンにしてどこかのWi-Fiに接続し、そのネットワーク回線から登録をやり直す、といった方法があります。

PCから登録しようとしてエラーが表示された場合は、iPhone/Androidスマートフォンのモバイル回線(Wi-Fiオフ)からの登録を試します。

また、場所を変える、接続先回線を変更するなどして、別の回線を使っているつもりであっても、「VPN」を利用している場合、同じネットワークを経由して接続してしまうなどして、回線を変更したのにやはり登録できない状態から何も変わらない、となってしまう可能性があります。

この「VPN」は、VPNを使おうとしている人だけでなく、ウイルス対策ソフトに付属しているVPN機能を無意識のうちに使用してしまっている場合もあります。

そうしたケースについては、VPNを利用していないかを確認したり、VPNを無効にする設定方法(参考)について調べて無効化するなどの対策を検討してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿