情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【SMS】「東京水道局給水停止前通知」は本物?届いた場合の対処法等について

SMS (305)

本日2023年6月10日現在、SMS(ショートメール)で「東京水道局給水停止前通知:滞納した水道料金がございます。」等のメッセージが届いた/届いていた、というユーザーが多くなっています。

この一見すると東京水道局から届いた給水を停止する予告通知・未払い通知のように見えるこのSMSは、偽物のSMSです。

今回はこのSMSの文面例や、この偽SMSに関する公式からの案内等を紹介します。

「東京水道局給水停止前通知」SMS

2023年6月11日現在、突然SMS(ショートメール、ショートメッセージ)で次のような「東京水道局」と書かれたメッセージが突然届いた、というユーザーが多い状態が続いています。

東京水道局給水停止前通知:未納の料金があります。

東京水道局給水停止前通知:滞納した水道料金がございます。

また、「https://****.cyou」という末尾が「.cyou」となっているURLが添付されているのが典型例です。

偽物のSMS

このSMSを受信し、「本物なのか」「偽物なのではないか」「何かの間違いではないのか」「支払いはちゃんと行っているはず」などと困惑してしまうかもしれません。

しかしこのSMSは、本物の東京水道局が配信しているわけではない、偽物のSMSです。

届いた場合の対処法について

そのため、内容を信じてリンク先URLを開いてしまわないように注意してください。

万が一URLを開いてしまったとしても、指示されたアプリ(東京水道局を騙る偽アプリ)を案内されるがままにインストールしようとしてしまったり、個人情報や支払い情報(クレジットカード情報等)を入力してしまわないように注意してください。

「東京都水道局」からの案内

このSMSに関連して、東京都の水道局である「東京都水道局」(SMS上の記載は「東京水道局」)の公式ホームページ上でも次のような案内が掲載され、注意喚起が行われています。

水道局を騙り、料金を支払わなければ給水停止する旨のメールが送られていますが、東京都水道局では、このようなメールをお送りすることはありません。
引用元

ここでは「メール」とありますが、ショートメールでの送信も確認されているとの説明もあります。

公共機関を騙る偽SMSが以前より多数発生中

なお、今回は「水道局」を騙る偽SMSでしたが、その他にも、国税庁や国土交通省、厚生労働省や日本年金機構など、様々な行政・公共機関を騙る偽SMSが多く発生しており、水道局に限らず注意が必要である点に注意してください(国土交通省の例)。

その他、そういった公共機関に限らず、docomo・au・SoftBankのような携帯キャリアや、銀行、クレジットカード会社、宅配業者、Amazonなどの通販サイト等を騙るSMSも多数発生しています。次々新しいパターンが増えているため、SMSが届いた際には、引き続き注意して対応する用にしてください。

具体的な事例や、ケース別の詳しい対処法などは、以下のページ等を参考にしてみてください:

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿