情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone】購入履歴の「保留」表示の意味合いと「開始/請求/終了」の流れについて

App Store (40) Apple (20) iOS (228) iOS 11 (201) iPhone (1283)

iPhoneの設定画面から「購入履歴」を開くと、一番上に「保留」という項目が表示される場合があります。

この「保留」表示について、「支払いが失敗した」「決済できなかった」「これが原因でアプリのインストールやアップデートができない」など「問題が発生しているケース」との関連が注目され、「保留の表示があると必ず問題がある」と認識されることが多いようです。

しかし、実際のところ「保留」の表示があるからといって、必ずしもそれらの問題が起こっているという訳ではありません(それらの問題が起こっていることもある)。

そこで今回は、そのあたりの挙動を定期的に観察してみたので、有料アプリや課金アイテムをApp Store経由で普通に購入する中で「保留」表示が発生して、その後解消されていく実例を紹介します。この間、「保留されているからアップデートができなかった・アプリがインストールできなかった・確認が必要ですエラーが出た」などは発生しませんでした(もちろん「逆方向」の関係についてはまた別の話になります)。

「保留」に表示される課金

3月11日、iPhoneで購入履歴画面を開くと、次のように「保留」表示がありました:

2つある支払いのうち、片方は月額課金の毎月の支払い、もう片方は月額課金の初回の支払いです。

これらは「保留」となっていますが、アプリ側は通常通り利用することができます。

未払い金が溜まっていく

この状態は、一時的にApple側が支払いを肩代わりしてくれているような状態です。「請求」が行われていないため、「ご注文番号」も発行されていません。

有料アプリを追加で購入してみると、新しくまた「保留」に溜まっていきます(※無料アプリはその場で「0円」の支払い処理が即実行されます)

日付をまたいで追加でアプリ内課金をしても、まだ溜まっていきます。

なかなか「請求」は行われない

この後課金をしない状態が続いても、すぐには課金されません。

※このあたりは、過去の決済の履歴(実績)などを見て請求処理を開始するタイミングや上限金額を調整するなど、何らかの調整を行っている可能性もあります。

3月14日、無料アプリの購入が下に挿入されているものの、「保留」に変化はありません。

3月15日に確認してみると、「ナビタイム」の月額課金が追加されているものの、今までの保留されていた課金処理にさらに積み重なっていました。

突然届く領収書

そんなこんなで最初に「購入履歴」を確認してから1週間以上が経過した3月19日、Apple IDに登録しているメールアドレスに、「領収書」が届きました。

先ほどまで溜まっていた「未払い」の支払いに請求がかけられたようで、領収書にはそれらのアプリが列挙され、合計金額が請求されていることが分かります。

月額課金のタイミングが確認できる

この領収書をよく見ると、(文字が小さいのですが、)月額課金3つについてそれぞれ「4月7日(まで有効)」「4月9日(まで有効)」「4月14日(まで有効)」と記載されており、それぞれの1か月前である「3月8日」「3月10日」「3月15日」に実際に支払い扱いされたことが推定できます。

そしてそれがまとめて3月18日に支払い処理されたことが「日付」の表示から分かります。

まだクレジットカード会社の明細に反映されていない状態でしたが逆に言えば、これらがバラバラに決済処理された履歴も存在せず、しばらくすると「1,760円」が明細に記載されるものと思われます。

購入履歴の「保留」が解消されている

このタイミングで再び「購入履歴」を確認すると、ようやく「保留」がすべて処理され、ひとつの「請求」として、請求合計額が表示されていることが分かります:

※↑一番上にスクロールした状態のスクリーンショットを忘れてしまったみたいです…;

こうして「保留に溜まった後にまとめて請求」される流れが確認できました。

さらにここで課金すると再び保留行き

最後に「保留」のはじまりを確認するためにLINEコインを購入してみると、ふたたび新たな「保留」が発生しました:

こちらもまたいずれ「請求」が行われるものと思われます。

「請求」のタイミング

過去の「領収書」を見ると、同じ月額課金がかなりバラバラのタイミングで請求されており、20日前後が中心のようで、10日や7日の場合もあるなど、規則性はパッと見たところよく分かりません。

ただし、Appleと直接契約している「Apple Music」や「iCloud」に対する課金はこれらの「保留」とは独立して処理されているようで、毎月ほぼ同じタイミングで領収書が届いている(請求されている)ことが分かりました。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿