情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

オライリーの電子書籍を購入する手順とKindleで読む方法(オライリーのKindle版がAmazonで売っていない問題)

Kindle (13) オライリー (1) 電子書籍 (1)

2018年4月現在、調べた限り日本のAmazon.co.jpには「オライリー(O'Reilly)」の書籍に「Kindle版」がありません。USのAmazon.comにはKindle版が存在しますが、あくまで原著(英語)のみです。

なので「すべての書籍を英語で読むぞ」という場合はAmazon.comで買う選択もあるのかもしれませんが、今回は日本語版のオライリーの書籍の電子書籍版を入手したかったので、日本のオライリーの電子書籍ストア「O'Reilly Japan Ebook Store」で電子書籍を購入してみることにしました。

その購入手順を紹介します。

検索してみると日本のオライリーでは「PDF、ePUB、mobi」どれか1種類しかダウンロードできない、と紹介しているブログもあったのですが、古い情報だからか、現在は書籍を1つ購入してしまえば、提供されているすべての形式をダウンロードすることができました(※ePUB・mobi非対応の書籍も多い)

また今回は、実際にオライリーで購入した書籍をKindle端末で読む方法も紹介します。

「O'Reilly Japan Ebook Store」のアカウントを作成する

まず初めに、「O'Reilly Japan Ebook Store」にアクセスして、「Sign up」をクリックします:

そして、「お名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「Ebook Storeの利用規約に同意する」にチェックを入れて、「登録」をクリックします。

すると、登録メールアドレスに、O'Reilly Japan Ebook Store(oreilly.co.jp)からメールが届くので、登録完了のためのURLをクリックして開きます

「お客さま情報の登録が完了しました」と表示されれば、登録完了です。

「O'Reilly Japan Ebook Store」にログインする

完了画面にある「ログイン」ボタンか、Ebook Store右上にある「login...」ボタンをクリックして、ログイン画面を開きます:

「サイトへのログイン」画面が表示されたら、「e-mail」と「パスワード」に先ほど登録した情報を入力して「ログイン」をクリックします。

「購入済みの商品はありません」と表示されればログイン完了です。

購入したい本を選ぶ

そうしたら、例えば「Catalog」をクリックして、購入したい書籍を探します。

「All Titles」の「Filter」の部分に検索キーワードを入力すると、検索ができます:

ダウンロード可能なファイル形式は、この一覧画面の右のアイコンを見るか、詳細画面の「フォーマット」の部分を確認してください。

フォーマット Print PDF ePub mobi

※ePubは一般的な電子書籍形式、mobiはKindleに向いたフォーマットです。

カートに入れる

そして、購入したい書籍のページを見つけたら、「Ebook Storeで電子版を購入」のほうの「カートに入れる」をクリックします。

すると、「ご注文内容の確認」画面が表示されるので、「注文する」をクリックして、支払いに進みます。

クレジットカードで代金を支払う

「インターネット購入規約」という画面が表示されるので、一番下まで読んで「次へすすむ」をクリックします。

すると、自動的に「PayPal」のサイトに転送されます。

今回は「クレジットカードまたはデビットカードで支払う」をクリックします。

そして、表示される支払い情報を全て入力して、「同意して支払う」をクリックします。

「処理中...」の表示が終わると、支払いが完了し、「O'Reilly Japan Ebook Store」に戻されます。

ファイルをダウンロードする

「Bookshelf」をクリックすると、「購入済みの商品」の一覧を閲覧できます:

そしてここから、購入した電子書籍のファイルを全フォーマットをすべてダウンロードすることが可能です(ePub, mobi, PDF):

※ダウンロード可能なのは、先ほど購入前に確認しておいた、その書籍に用意されているフォーマットのみです。

例えば「PDF」をクリックすれば、ごく普通に「.pdf」ファイルが手元にダウンロードされます。

これで、オライリーの電子書籍の購入とダウンロード完了です。

Kindleで読む(USB接続を利用する方法)

Kindleで読むには、Send-to-Kindleと呼ばれるメールに添付して送信する方法と、KindleをパソコンにUSB接続して転送する方法があります。

一長一短がありますが、利用が簡単なのはまず「USB接続を利用する方法」です(※Send-to-Kindleを利用する場合、オライリーの本のファイルサイズが大きすぎるためメールに添付するハードルが高く利用しにくい)

「mobi」または「PDF」をダウンロード

まず、オライリーから購入した電子書籍のファイルをダウンロードします。

できればKindleが標準で対応している「mobi」ファイルをダウンロードしてください。ただしすべてのオライリーの電子書籍に「mobi」形式が用意されているわけではないので、その場合は「PDF」ファイルでも利用可能です(※「ePub」ファイルは、「mobi」へ事前に変換が必要です。ただしオライリーの場合、ePubがダウンロード可能の場合mobiにも対応しているはずなので、はじめからmobiをダウンロードすればOKです)

Kindleに転送

Kindleをパソコンに接続してUSBドライブとして認識させた上で、「documents」フォルダを開きます

そしてその「documents」フォルダの中に直接ダウンロードした「mobi」ファイルもしくは「PDF」ファイルをコピーします。

※今回画像中では「.pdf」と「.mobi」の両方をコピーしていますが、これは実験のためで、どちらか片方をコピーすれば、書籍を読むことができます。「.mobi」のほうがKindleにとって標準的で、機能的におすすめですが、紙のオライリーと同じレイアウトで読みたい場合は「.pdf」のほうが適切です。

※「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?(新しい場所へコピーできないプロパティを持っています)」が表示される場合は「はい」をクリックしてコピーします。

Kindleで読む

パソコンとの接続を解除してホームを開くと、そこに購入したオライリーの書籍が表示されるはずです:

あとは、Amazonで購入したKindle版書籍と同様の操作で読み進めることができます(※ただし、今回の方法の場合クラウド連携的な機能が弱く、別端末とのファイル同期・メモ同期、読んでいる場所の同期などはできないので注意が必要です)

PDFについて

PDFの場合は1ページ1画面として表示されるので少し違った操作感となりますが、必ずしもそれほど悪くない、というのが個人的な印象です。

関連

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿