情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS14】キーボード下を長押ししてもカーソル移動ができない問題について

iOS (356) iOS 14 (50) iPhone (1503) iPhone 11 Pro Max (5)

iOS14へのアップデート以降、iOS13では利用できていた「キーボードの下の余白部分を長押しして、カーソルを動かせるようにする操作」が利用できなくなったようです。

この変化について。

キーボード下を長押ししても反応しない

iOS14へのアップデート以降、キーボード下の領域を長押ししても反応しなくなった、との報告が増えています。

キーボードしたの領域とは、次の画像の部分です。

ここを長押しすることで、今まではキーボード全体の表示が切り替わって、文字入力のカーソル位置を自由にドラッグ移動できる状態になっていました。

しかし現在は、何も起こりません。

不具合?仕様変更?

この操作ができなくなる現象は、iOS14へのアップデートを行ったユーザーの間で広く発生している模様ですが、これが意図的な変更(仕様変更)なのか、意図していない変更(不具合)なのかについては、その症状からも、はっきりとしていません(機能が削られただけなのか、機能が動かなくなってしまったのか、判別しにくい)。

「空白」ボタン長押しはiOS14でも利用可能

ただしiOS14へのアップデート以降も、キーボードのスペースキー(空白キー)を長押しする方法でカーソル移動のモードに入る操作は健在のようです。

キーボード下の操作のほうが便利だった、という方も多いかと思うのですが、この空白キーを使用する方法の利用を検討してみてください

コメント(0)

新しいコメントを投稿