情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone】スクリーンタイムが24時間になる、スクリーンタイムの時間がおかしい不具合?問題について(未解決)

iOS (371) iOS 14 (79) iOS-スクリーンタイム (6) iPhone (1589)

iPhoneの利用時間が分かる「スクリーンタイム機能」にて、使っていないはずのアプリやウェブサイトを1日中見続けたことになっていて、スクリーンタイムの時間が24時間になってしまっている問題が一部のユーザーに発生している模様です。

初めてこの現象に遭遇して「スクリーンタイムがおかしい」「スクリーンタイムがバグってる?不具合なの?」などと戸惑ってしまったユーザー向けに、この現象について紹介します。

スクリーンタイムの時間がおかしい/24時間になっている

設定アプリからスクリーンタイムで各アプリの利用時間を確認してみたとき、iPhoneアプリの利用時間に関して、次のような問題が発生する場合があります。

  • 使っていないアプリを24時間見たことになっている
  • Safariで同じサイトを24時間見たことになっている
  • 寝ている間もアプリが開いたままになっている
  • iPhoneを使っていなかったはずなのに、時間が増えている

「スクリーンタイムの内容がおかしい」という問題は以前より発生しており、iOS14アップデート以降にも、特にスクリーンタイムの記録が長すぎる問題の発生が継続している模様です。

不具合?

このように、特定のアプリや特定のウェブサイトをずっと使っていた・見ていたことになってしまう問題の報告が以前より発生しており、何らかの操作や設定、もしくは不具合などが原因と考えられますが、現時点でその原因(複数の原因が混在している可能性も)ははっきりとしていません。

対処方法/確認事項について

そのため、「これを行えばこの問題が解消される」「この問題の原因はこれである」といった対処法は分かっていませんが、一般的な対策の候補としては以下が考えられるため、実施を検討してみてください。

  • スクリーンタイムを一度オフにしてから再びオンに戻す
  • iOSを最新版にアップデートする
  • 同じApple IDを他のiPhoneや他の家族などと共有していないかを確認する
  • 時刻の設定が正しいか、自動設定になっているか、を確認する

コメント(0)

新しいコメントを投稿