情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 11のシステム要件「TPM 2.0」の対応状況/搭載状況を確認する方法

Windows 11 (26)

本日Windows 11のリリースが正式発表されました。現在、Windows 11に利用中のPCが対応しているかを確認するツールが話題となっている一方で、今回のWindows 11の「要件(アップデートに必要な要素)」のひとつとなった「TPM 2.0(トラステッド プラットフォーム モジュール バージョン 2.0)」が話題となっています。

この「TPM 2.0」に対応しているかどうかで、そのままWindows 11にアップデートできるかどうかが左右されるケースが少なくないのではないかとも予想されるため、今回は、現在利用中のWindows 10 PCに、TPMが搭載されているかどうか、TPMバージョン2.0に対応しているのかどうかを確認する方法を紹介します。

Windows 11 のシステム要件に「TPMバージョン2.0」

Windows 11のシステム要件の詳細は、「Windows 11 のシステム要件、機能、デバイスの要件について」のページで確認することができます。

そこでは「プロセッサ(CPU)」や「RAM(メモリ)」の要件などの定番の要件とともに、「TPM」との項目が掲載されています。

TPM: トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0

引用元

そのため、まず「TPMが搭載されているかどうか」および、「搭載されているTPMがバージョン2.0に対応しているかどうか」、この2点がポイントとなります。

※なお、Windows 11の対応状況自体を直接調べたい場合はまずこちらのツールを利用してみてください。そして、Windows 11非対応だった場合の詳細原因を確認する際に、TPMの状況を確認するようにしてみてください。

TPMの確認方法

Windows 10 PCで、TPMの対応状況を確認するには、まず「Win+R(Windowsキーを押しながらRキー)」を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「名前」に「tpm.msc」と入力して「OK」をクリックします。

すると、「コンピューターのトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)の管理」が開きます。

ここで、画面中央の「ローカルコンピューター上のTPM管理」の表示を確認します。

TPM2.0が利用できない場合

TPM2.0が利用できない場合(TPMが搭載されていない場合など)、次のように「互換性のあるTPMが見つかりません。」と表示されてしまいます。

互換性のあるTPMが見つかりません。

互換性のあるトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)がこのコンピューター上に見つかりません。このコンピューターに1.2TPM以降があること、およびそれがBIOS内で有効になっていることを確認してください。

TPMのバージョンを確認

次のように、TPMの情報が表示された場合は、下段に有る「TPM製造元情報」にある「仕様バージョン」を確認してみてください。次のように「仕様バージョン 2.0」との記載があれば、「TPMバージョン2.0」に対応していることが分かります(その他のバージョンとしては「1.2」があります)。

関連:TPM2.0が利用できない場合に設定変更で利用可能になる場合も

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿