情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Chrome】アドレスバーに入力しようとすると勝手に日本語入力がオフになる(半角入力に切り替わる)現象が発生中(Chrome 92アップデート後に発生)

Chrome (196)

2021年7月22日現在、アップデートされたばかりのChrome 92にて、新しいタブを開いたり、アドレスバーから検索しようとしたときなどに自動的に日本語入力がオフになってしまい、ひらがな入力ではなく英数字が入力されるモードで入力してしまって入力し直しが必要になってしまったり、毎回日本語入力をオンに(ひらがな入力に)戻さなければならなくなった、との報告が増加しています。

実際にChrome 92へのアップデート後に確認してみると、Microsoft IME(MS IME)や、Google日本語入力でアドレスバーから入力しようとすると、入力モードの「あ」表示が「A」に自動的に切り替わる現象が確認できました。

この問題や、過去の関連する不具合の情報等について紹介します。

アドレスバーを選択すると日本語入力がオフになる

リリースされたばかりの最新版Chromeである「Chrome 92」にて、アドレスバー(URLバー、omnibox)をクリックして文字を入力しようとすると、自動的に日本語入力がオフに戻されてしまい、英数字を入力するモードで入力が開始されてしまうため、書き直しや日本語入力をオンにしなければならない、といった問題の発生するユーザーが増加しています。

実際に Chrome 92.0.4515.107 (Windows版)へのアップデート後に、MS IME や Google日本語入力で、日本語入力をオンの状態にした上で新しいタブを開いたり、アドレスバーにフォーカスを合わせてみると、自動的に日本語入力がオフとなり、「A」キーを押すと「あ」が入力されると期待するところが「a」と入力されてしまい、ひらがな入力するにはそれを一度消して改めて日本語入力をオンに戻さなければならない、ということが分かりました(ATOKでは発生しませんでした)。

過去にも同様の問題が発生

実はこの、日本語入力の状態が半角英数入力に戻されてしまう、という問題は、把握しているだけでも2019年に1回、2020年に1回と、2年連続で発生していました。

そして今回のChrome 92アップデートにて、同様の問題が発生するユーザーが再び増加している模様です。

不具合としてその後修正アップデート

それらのケースでは、そういった挙動が「不具合」として扱われ、その後の修正アップデートにより修正されました。

修正アップデート待ち

そのため、おそらく今回も同様に不具合として登録された後、修正が行われ、修正版へのアップデートを行うことで問題が解消されるようになると思われます。

ただし、今のところ新しいこのChrome 92向けの不具合登録は見つけられておらず(すべてが公開されているわけでもない)、いつごろ修正されるかは不明の状態です。

追記:不具合登録に関連情報を発見(2021年7月25日)

再度、Chrome(Chromium)公式の不具合登録システムを検索してみたところ、日本語IMEにおける同様の問題に関する登録が追加されていることが確認できました(登録日は7月24日):

なお、台湾でも同様の問題が発生しているとの登録が行われています:

ただしいずれについても現時点で修正に向けた大きな動きがまだない(そもそも不具合の再現ができたとのコメントも行われていない)状況で、原因や修正アップデートの時期などについては分かりませんが、問題解消へ向かって進み始めていることは確認できました(2021年7月25日時点)。

追記:修正についての進捗(2021年8月4日)

7月24日の不具合登録から11日以上が経ちましたが、問題の再現ができていない(再現に必要な状態がはっきりしていない)状態のようで、8月4日現在、7月30日のコメント以降、問題の再現や修正についてのやり取りは5日以上進捗が特に確認できない状態が続いており、いつごろ修正されるのかについては分からない状態となっています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿