情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 11アップデート後に「音がおかしい、音が悪くなった」など音に問題が発生している場合の対策について

Windows 11 (49)

Windows 11へのアップデートを行ってから、「音質が悪くなった」「音が聞き取りにくくなった」「聞こえにくくなった」「スピーカーが悪くなった」など、一部のユーザーの間で、音に関する変化や違和感が出る場合があるようです。

その際に確認してみて欲しい設定について紹介します。

Windows 11にして「音が変わった」の声

Windows 11へのアップデートを済ませた一部のユーザーの間で、「音が悪くなった」「音が聞き取りにくくなった」「音が聞こえにくくなった」「音質が変わった」など、音に関する違和感を感じる場合があるようです。

試してみたい設定

この問題に関連する設定項目として「オーディオの補正」があります。

デフォルトで「オフ」となっているようで、特に影響ないようにも見えるのですが、この設定を一度「オン」にしてから「オフ」に戻すことで、音質が改善される(元に戻る)場合があるようです。

この設定を開くにはまず、Windows 11の「設定」を開いて「システム」タブから「サウンド」を開きます。

そして、「すべてのサウンドデバイス」を開いてから出力デバイスを選択、もしくは直接「スピーカー」を選択して、その出力デバイス(スピーカー)の「プロパティ」画面を開きます。

すると「出力の設定」という見出し内の一番下に、「オーディオの補正」が表示されます。

オーディオの補正
サウンドの品質を自動的に向上させます(サウンドに問題が発生している場合には電源をオフにします)

この項目を一度オンにしてからオフに戻す、という設定変更を試してみてください。

※「オーディオの補正」は、スピーカーごとに存在する詳細設定であるためか、設定内の全体検索では見つからず「結果はありません」となってしまうようです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿