情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

AirPods Proの片方だけ充電できない・聞こえない・繋がらない状態になった場合の対策メモ

AirPods (7) AirPods Pro (2)

AirPods Proを両耳に装着しても、片方(右耳用)のみ装着音がしなくなってしまい、音楽を再生しても片耳からしか音が出ない状態になってしまいました。

その際の症状および、解決できた対策を紹介します。

完全な物理的な故障など、原因によっては今回の対策での解決ができないかもしれませんが、一度は「これはさすがに故障してしまったのかも」と思いつつも直すことができたため、諦めて修理に出そうと思ったもののまだ試していない、という場合は、今回の方法も試してみてください。

問題:AirPods Proの片耳だけつながらなくなった

AirPods ProをiPhone 12 Pro Max (iOS 15.0)に接続して利用していたところ、あるとき突然、装着したときに鳴る装着音が、片耳(右耳用)だけ鳴らないようになってしまい、音楽を再生しても左耳のAirPods Proからしか音が出ない状態になってしまいました。

iPhone側のバッテリー表示を見ると、片耳しか認識されておらず、おかしい方(右耳用)については表示されません。

普段であれば、ケースに入れてから出し直したり、最悪でもiPhone本体の再起動を行えば再接続できていたのですが、今回はどちらも効果がありませんでした。

充電できない

また、ケースに問題が発生した右耳用のAirPods Proだけを入れて見たのですが、ランプが付かず、充電が始まっていない状態となってしまっていました。

このことから、接触不良やバッテリーの故障などによって充電できない状態になったままバッテリーが切れてしまい、全く動作せずに認識されていない状況なのではないか、と思われました。

ボタンは反応する

しかし、認識されていない状態でも、AirPods Proのイヤホンに付いているボタンを長押ししてみると、ノイズキャンセリングのモードを切り替えたときの音が聞こえ、バッテリー自体は残っていることが分かりました。しかしやはり認識はされておらず、また、その音も妙に小さい音でした。

登録を解除するも再接続できず

iPhoneの「設定」アプリを開き、「Bluetooth」の設定を開いてから、「自分のデバイス」に表示されているAirPods Proの右端にある「i」ボタンをタップし、「このデバイスの登録を解除」ボタンから、一度AirPods Proの登録を解除しました。

そうした上で、AirPods Proの充電ケースにイヤホンを入れたまま、iPhoneの近くで充電ケースのフタを開いてみたのですが、iPhone上に何も表示されず、再接続することができませんでした。

また、Bluetoothの設定画面などから登録できないかとそちらも確認してみたのですが、特に「その他のデバイス」にも表示されず、やはり再接続(再登録)できませんでした。

初期化を試みてみると

そこで、そのままAirPods Proの初期化を行うために、ケースのフタを開いたまま、ケースの背面にあるボタンを長押ししてみました。

初期化を行うためには、白い点滅表示が始まっても押し続けて15秒押すようにヘルプには記載があったのですが、5秒ほど押した時点でiPhone本体側に「接続」ボタンが表示され、そちらをタップすることで、接続することができました。

復活

そしてその状態から装着して音楽を再生してみると、両耳から再生される状態に戻っていることが確認できました。

充電も正しく動作するようになりました。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿