情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ApexLegends】「NATタイプ 失敗」でサーバーに接続できない・ログインできない問題について

Apex Legends (165) Apex Legends-エラー (27) Apex Legends-障害情報 (37)

本日2021年11月27日午前8時頃より、Apex Legendsをプレイしている一部のユーザーの間で、Apex Legendsのタイトル画面からロビーに入ることができずに「EAサーバーへ接続できません」エラーになってしまう問題の発生が急増しています。

現在発生している「EAサーバーへ接続できません」エラーは、過去よく発生していた障害とは異なり、「一部のユーザーでのみ発生」「他のゲームでもログインできない問題が発生」といった特徴に加えて、PS4/PS5では「インターネット接続を診断する」の結果が「NATタイプ 失敗」エラーになる、などの特徴があります。

今回は、このApex Legnedsユーザーの間で発生している問題について紹介します。

「EAサーバーへ接続できません」エラーになる

本日2021年11月27日午前8時頃より、Apex Legendsにログインしようとしてゲームを起動したものの、タイトル画面からロビーに入ることができず、接続中表示の後に次のエラーが表示されてしまう問題が、一部のユーザーの間で発生しています。

EAサーバーへ接続できません。インターネット接続を確認してもう1度お試しください。詳細はea.com/unable-to-connectをご覧ください。

一部のユーザーでのみ発生

この問題の一つの特徴は、一部のユーザーでのみ発生しており、全ユーザーがゲームをプレイできないわけではない、という点です。

別のゲームやサービスにもログインできない問題が同時発生する傾向

また、Apex Legendsがプレイできないからと別のゲームをプレイしようとして、例えば原神を起動してみても、そちらもログインができない・タイムアウトエラーになってしまう等、他のゲームでも同時に普段発生していないエラーが発生しているユーザーが多い、というのも一つの特徴です。

加えて、とは言うものの完全にインターネット接続ができない、という訳でもなく、例えばYouTubeは問題なく視聴できるなど、一部のユーザーの間で一部のゲームやサービス限定で通信エラーが発生する、といった状態となっています。

回線を変更すると解消

そしてテザリングなどを利用して、現剤利用中の回線から別の回線へと通信を切り替えると問題が解消された、との報告が多いことも特徴です。

「NATタイプ 失敗」になる

また、もう一つ特徴的なのが、PS4やPS5で利用できる「インターネット接続を診断する」の結果が「時間内にサーバーに接続できませんでした」エラーになりつつ、「NATタイプ」の項目のみ「失敗」となり、PSNサインインや通信速度等には問題が表示されない、という点です。

利用中の回線で障害発生か

これらの複数のゲームタイトルに横断して発生しつつ、利用回線によって発生したりしなかったりする、という特徴から、利用中の回線を使用したサーバーとの通信経路等に関して何らかの不具合・障害が発生しているものと思われます。

対策について

そのため、利用中の端末やインターネット接続用の機器(ルーター等)が故障しているのではないかと慌てて買い換えを行ったり、その他にも慌てて設定変更、初期化等を行ってしまわずに、多くのユーザー共通で発生している問題が解消されるのをしばらく待ってから、再度ゲームを起動し直しエラーが発生せずにログイン出来るようになっているかどうかを確認するようにしてみてください。

また、テザリングなどを利用して一時的に4G/5G回線を利用してログインする、という方法もあるにはありますが、契約によっては料金の問題が発生する場合があることに加え、通信が不安定であることでプレイ中の切断リスクが高まる等の問題が発生するケースも少なくないため、ランクマッチをプレイしようと考えている場合は特にですが、モバイル回線を利用するのではなく、普段利用している回線を利用したプレイが可能になるのをしばらく待つことをおすすめします。

コメント(0)

新しいコメントを投稿