情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Windows 11】Windows Updateが「更新が失敗しました(0x80070643)」エラーで失敗する現象と対策について(KB5009191)

Windows 11 (29)

2021年12月18日現在、Windows 11ユーザーの間で、Windows Updateを行ったところ「更新が失敗しました」と表示されてしまい、「2021-12 .NET 6.0.1 Security Update for x64 Client (KB5009191)」のアップデートに対して「インストールエラー - 0x80070643」エラーが発生している、という状況になってしまうユーザーが発生しています。

このエラーの発生や、対策として用いられている方法などについて紹介します。

Windows Updateが失敗する

Windows 11 PCから「Windows Update」を実行したところ、次のエラーメッセージが表示されて更新に失敗してしまう、というユーザーが増えています。

2021-12 .NET 6.0.1 Security Update for x64 Client (KB5009191)

このアップデートが、Windows 11にインストールされている .NET 6.0 に対するセキュリティアップデートであるということは分かるものの、「0x80070643」というエラーコードに対する詳細説明は特に表示されません。

現在よく利用されている対策

このKB5009191に対する0x80070643エラーは、日本に限らず、海外でも発生しています。

そしてこの問題に対して、Windows Updateからのインストールに失敗した .NET 6.0 の最新版を、直接.NET 6.0公式サイトからダウンロードして手動インストールしたところ問題が解決した、との報告が増えています。

次のページは、.NET 6.0のアップデート内容を紹介しているMicrosoftのブログページで、そのコメントに、問題の発生や解決についての言及が寄せられています。

そしてこの問題に関しては.NETの開発者側でも把握されており、不具合(issue)として登録されています:

Windows 11でのWindows Updateでエラーが発生していることが説明されていると同時に、そこでも現在利用可能な回避策(workaround)として、.NET 6.0.101 x64 SDKのダウンロードページ(リンク先で「.NET 6.0.101 x64 SDK download site」と書かれたリンクをクリックするとダウンロードが開始されます)からの手動インストール後、改めてWindows Updateを確認してみる、という方法が紹介されています。

対策・対処について

そのため、現在できる対策としては、この手動インストールを行う方法を実施するか、難しくてよく分からない、という場合には、現在もこの問題への対応は続いている状態であるため、ここでの回避策は実施せずに、問題が解消されるのをしばらく待つ、などの対応を検討してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿