情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【SMS】「お客様のrakuten cardが一時停止されております、ご確認ください。」に注意

SMS (105) クレジットカード (49) 楽天カード (16)

2022年1月5日現在、突然SMSで「お客様のrakuten cardが一時停止されております、ご確認ください。 https://....」というメッセージが届くユーザーが増加しています。

このメッセージの内容や注意点などについて紹介します。

楽天カード一時停止連絡SMS?

本日2022年1月5日現在、次の内容のSMSが届くユーザーが急増しています。

お客様のrakuten cardが一時停止されております、ご確認ください。 https://..../

なぜか「楽天カード」はアルファベットで「rakuten card」と記載されており、添付されているURLについても「rakuten」というアルファベットが含まれているものの「https://rakuten-card.co.jp/~」や「https://r10.to/~」などの他のカ所で利用されているようなURLではなく、怪しさを感じる内容です。

送信元の表示も「amlainfo」や「infosamz」など、見覚えのなかったり、情報が出てこない場合が多いようです。

URLを開くと、「楽天会員ログイン」と書かれた、楽天カードのログインページらしき画面が表示されますが、通常とは全く異なるURLとなっています(※その他場合によっては何も表示されなかったり、「○○へのアクセスが拒否されました このページを表示する権限がありません。 HTTP ERROR 403」が表示されるなどの場合もあります)。

偽物のSMS

しかしこのSMSは、偽物のSMSであり、リンクURLを開かないように気を付けてください。

楽天カードからの正式なSMSに関しては、次のページで特徴や注意点などが解説されています。その中では、発信元番号(送信者表示)として利用されている番号の一覧も掲載されていますが、そこにも含まれていません。

別の方法で確認する

また、仮に「本物っぽい」のように見えたとしても、そういった「突然届いたSMSに記載されているURL」からページを開いて確認するのではなく、普段利用している楽天カードアプリや、楽天カードのサイト(e-NAVI)に、普段と同じ方法(ブックマーク登録など)からログインし、カードが停止されていないかなどを確認するようにしてみてください。

一方的に送られてきたURLは基本的に利用せず、他のルートから情報を確認するようにしたり、問い合わせを行ったりする、というのが基本的な対策となります(実際のところ偽SMSはかなり巧妙となってきており、SMSの文面やURL、リンク先のページの表示などを見て本物かどうかを判断すること、とくに「本物である」と判断するのは非常に難しいため、掲載されているURLや電話番号以外の手段の活用を検討してみてください)。

同時に発生中のSMS

次の文面の偽SMSも同時に出回っているため、注意してください。

【楽天市場】お使いのアカウントを一時的に停止しました,ご確認が必要です:https://..../

コメント(0)

新しいコメントを投稿