情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

5Gスマートフォンを購入したのに「4G」と表示されるのはどうして?について

Android (718) iPhone (1627)

5G対応スマートフォンを購入したにも関わらず、スマートフォンの電波表示に「4G」と表示されてしまうのはなぜ?と5Gスマートフォン購入直後に思ったユーザー向けの情報を紹介します。

※「4G」ではなく、「4G+(4Gプラス)」のように表示される場合もありますが、「5G」ではない、ということで両者まとめて「4G」と扱います。

5Gスマートフォン

2022年現在、スマートフォンへの「5G」対応が進み、docomo・au・SoftBank等のショップ・オンラインショップでも、各スマートフォンに「5G」と表記されたり「5Gスマートフォン」と「4Gスマートフォン」が分けて取り扱われるなど、「5G」のスマートフォンの存在感が増しています。

5Gスマートフォンなのに「4G」と表示される?

そんな中、4Gスマートフォンではなく5Gスマートフォンを購入したにも関わらず、画面上部に表示される電波表示の部分に「4G」と表示されてしまい、5Gスマートフォンなのにおかしい、と感じてしまうことがあるかもしれません。

「5Gスマートフォン」の意味合い

ここに「おかしい」と感じてしまう原因としては、「5Gスマートフォンは5Gを利用して、4Gスマートフォンは4Gを利用する、だから、5Gスマートフォンが4Gを利用する、というのはおかしい」という考え方があるかと思うのですが、ここが誤解の元で、実際には5Gスマートフォンも4Gを利用します

つまり、「5Gスマートフォン」というのは「5G」に対応している、ということであって、4Gに対応していない・4Gを利用しない、というわけではない、という点です。

設定にも寄りますが、5Gの電波が利用できる状況であれば5Gを利用して5Gと表示されるものの、5Gの電波が入らない場所では5Gの代わりに4Gなどを利用し、その場合には4Gと表示されます。

このように、5Gスマートフォンは5Gと4Gを使い分けるため、常に5Gを利用するわけではない点に注意が必要です。

5G対応の範囲を要確認

自宅や外出先で「どうして5Gにならないんだろう」と思った場合は、各社の5Gの対応エリアを確認してみてください。5Gでどこでもつながる、というような状況ではないため、4Gになる可能性は低くないかと思います。

開通手続き忘れに注意

オンラインショップで4Gスマートフォンから5Gスマートフォンに機種変更した後、あまりに5Gに切り替わらず、ずっと4Gになっている、エリアの範囲内なのに、といった場合は、SIMカードの差し替えは行ったものの開通手続きが行われておらず、4G契約のまま5Gスマートフォンを利用していて5Gを利用できない状態になってしまっている可能性があります。

まだ機種変更した後に開通手続きを行っていない、という場合には、機種変更時の案内をよく確認して、開通手続きを行い、SIMカードの状態を5G契約に切り替えた後で、改めて5Gにつながるかどうかを確認してみてください。

設定を確認

また、通常設定変更しなければ5Gを利用するように設定されているはずですが、iPhone/Androidの設定によっては、5Gが向こうに設定されてしまっていることも考えられます。

Androidスマートフォンであれば「設定」>「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」>「優先ネットワークの種類」で、「5G/4G/3G/GSM」や「5G/4G」のような、5Gを含む選択肢が選択されていることを確認してみてください。

iPhoneの場合は、「設定」アプリから「モバイル通信」>「通信のオプション」>「音声通話とデータ」を開き、「5Gオン」や「5Gオート」などの5Gを含む選択肢が選択されていることを確認してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿