情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【SMS】「【ガス供給停止の予告について】ガス料金お支払のお願い」に注意

SMS (132)

本日2022年6月11日夕方頃より、「【ガス供給停止の予告について】ガス料金お支払のお願い。 https://cutt.ly/....」という文面のSMSが突然届くユーザーが急増しています。

リンク先にはauのロゴと「ガス供給停止の予告について ガス料金の支払期限切れ」というメッセージが表示される場合があることが特徴です。

この突然届くユーザーが増えているメッセージについて紹介します。

「ガス供給停止の予告について」メッセージ

本日2022年6月11日夕方頃より、突然次のようなガス料金の支払いを案内する文面のSMSが届くユーザーが急増しています。

【ガス供給停止の予告について】ガス料金お支払のお願い。 https://cutt.ly/....

リンク先にアクセスした場合、auのロゴと共に次のようなメッセージが表示されるのが一つの特徴です:

ガス供給停止の予告について

ガス料金の支払期限切れ
お支払期限を過ぎた利用料金があります。
お支払いをお願いいたします。

[支払い状況を確認する]

支払い状況を確認すると、支払期限が本日となっている未払い金額「18,000円(税込)」が表示され、電子マネー(vプリカ発行コード)での支払いが案内されます。

偽物のSMSなので注意

しかしこのSMSメッセージの内容やリンク先の内容は、すべて偽物のメッセージであり、本物のガス会社からのメッセージではありません。

そのため、指示に従って支払いを行ったり、場合によっては案内されたアプリのインストールを行ってしまったりしないように注意してください。

電気料金パターンからガス料金パターンへ

以前は同じ公共料金として、電気料金の未払い金を催促する偽物のSMSが多数流通していました。そちらが今回、新たに「ガス料金」の内容に切り替わったようです。

追記1:2日連続で発生中(2022年6月12日)

本日2022年6月12日18時頃より、再び偽のガス料金未払い金請求へ誘導する偽SMS「【重要】ガス料金等最終請求のお知らせと供給停止について。ご確認が必要です。」が届くユーザーが急増しています。

なお、未払い金額につても、昨日の「18,000円(税込)」から「20,000円(税込)」に変化したようです。

追記2:東京ガスより注意喚起(2022年6月12日)

東京ガスより、公式Twitterでは偽SMSの文面や添付URLのドメインを紹介した注意喚起、公式ホームページでは次のように、東京ガスになりすましたSMSが届いた場合の対処方法についての案内を含む注意喚起が行われたことが確認できました。

東京ガスを装い、ガス料金を支払わないとガスの供給を停止する旨のSMSが発信されています。不審と思われるSMSは記載のURL等のクリックをせずに削除してください。

引用元

対処法については、添付URLはクリックせず、削除することが案内されています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿