情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS15.7】「ソフトウェアをアップデートできませんでした iOS15.7のダウンロード中にエラーが起きました」エラーでアップデートできない問題について(未解決)

iOS 15 (49) iOS 16 (49)

本日2022年9月13日、最新版のiOSである「iOS16」がリリースされ新機能等が話題となっていますが、それと同時に本日「iOS15.7」がリリースされ、iOS16ではなくiOS15.7にアップデートするユーザーも増えています。

しかし一部のユーザーの間で、iOS15.7にアップデートしようとしても「ソフトウェアをアップデートできませんでした iOS15.7のダウンロード中にエラーが起きました」というエラーになってしまう問題が発生しています。

今回は、本日発生しているこの問題について紹介します(現時点で原因の詳細が不明で未解決の状況です。iOS16でこのエラーに遭遇しているユーザーはほとんど見当たらない一方で、iOS15.7で発生しているユーザーが非常に多く、単なる利用環境利用回線の問題ではない、iOS15.7とiOS16の差、提供側のシステムの違いなど、アップデートを提供するシステム側に原因がある可能性も考えられます)。

iOS15.7へのアップデートに失敗する

iPhoneの「設定」アプリの「ソフトウェア・アップデート」画面からiOS15.7へのアップデートを行おうとしたものの、「ダウンロードしてインストール」ボタンからスムーズにダウンロードおよびインストールが進まずに次のエラーが出てしまい、iOS15.7へのアップデートができない、と困ってしまうユーザーが一部で発生している模様です。

ソフトウェアをアップデートできませんでした
iOS 15.7のダウンロード中にエラーが起きました。

[閉じる]

基本的な対策

このダウンロード時に何らかのエラーが発生した、というエラーに対してもっとも基本的な対策としては、iOS15.7のダウンロードを、より安定したWi-Fi回線で利用する、といった対策です。

なぜかiOS15.7で問題が発生しているユーザーが多い

しかしここでこういった対策のことを考えたときに違和感があるのが、このエラーで困っているユーザーが、「iOS15.7」にアップデートしようとしているユーザーに集中しているという点です。「iOS16」側ではこのエラーの発生報告がほとんど見当たりません

ごく普通に考えれば、iOS15.7よりもiOS16(iOS16.0)のほうが必要なダウンロードサイズが大きく、また本日新機能を試そうとするiOS16にアップデートするユーザーのほうが、iOS15.7よりも遙かに少ない、とは考えにくく、発生頻度の偏りがむしろ逆でも良いのではないか、と思われるのです。

iOS15.7でのみ多発する傾向に説明が付く原因がありそう(未解決)

そのため、何らかの利用環境以外の、iOS15.7とiOS16.0との違いに関係する要因、例えば、iOS15.7の配信を行っているシステムの一部で何らかの問題が発生していてダウンロードに失敗しやすい状態になっている一方でiOS16側ではその問題が発生していなかったり、iOS16アップデートを行うユーザーが急増することには十分対策されていたもののiOS15.7に予想以上のアップデート要求が集中(アクセスが集中)しiOS15.7側のみトラブルに至っているなど、様々な可能性が考えられます。しかし現時点でそういった要因の特定や、直接解決するような方法は見つかっていません。

対策・回避策について

以上の状況を踏まえると、端末の再起動やネットワーク環境の改善などの基本的な対策を試みてもエラーが繰り返し発生している場合は、Apple側の何らかの対応によりiOS15.7側に集中しているエラーの発生が改善されないかをしばらく待ってみる、というのも手かと思われます。

また、成功しているユーザーが多い対策、というより妥協策としては、iOS15.7へのアップデートを諦めてiOS16(iOS16.0)へのアップデートを行う、というものです。

iOS15.7に失敗し続ける状態であるにも関わらず、先ほども説明したとおりiOS16では問題が起こりにくいために、時間はかかるもののエラーにはならずにiOS16へスムーズにアップデートできた、となるユーザーが増えています。

もともとiOS16.0を避けてiOS15.7へのアップデートを選択している場合にはこれでは解決とはなりませんが、iOS15.7に含まれているセキュリティアップデートを全く適用できないままよりは、iOS16.0へのアップデートによってそのセキュリティアップデートの適用を試みる(新機能なども付いてきてしまいますが)、というのも選択肢の一つとして考慮しておくと良いかと思います(iOS15.7でエラーが多発することで、iOS16も同様にアップデートできないだろう、と予想してしまう可能性があるため)。

※WindowsのiTunesやmacOSのFinderを利用して有線接続によるアップデートを行う対策方法も考えられるものの、それらの方法でアップデートを行おうとすると、どういうわけか「iOS16.0」しかアップデート先として表示されず、iPhone(OTA)でのアップデートのように「iOS15.7」を選択できない、という動作をするために、対策として成立しない状況です(※今後のiTunesのアップデートで何らかの対応があるかもしれませんが)。

付録:英語設定で利用中の場合

Software Update Failed
An error occurred downloading iOS 15.7.

[Close]

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿