情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS16】ロック画面の時計の位置や大きさは変更できないの?について

iOS 16 (45) iPhone (1624)

2022年9月13日リリースされたiOSの最新版「iOS 16」には、ロック画面のカスタマイズ機能が搭載されました。

この新機能を使うとロック画面にウィジェットを追加したり、ロック画面にある時計の文字のフォント・文字色を変更することも可能です。

しかし時計の位置を変更しようとロック画面の編集中に時計を長押ししたりしても特に反応せず、ウィジェットとは違って移動することができません。

また、背景に設定した写真との重なりを小さくするために時計を小さくしたり、もしくはより大きくしたりしようと考えてピンチイン・ピンチアウト操作や境界線の移動操作など試してみても反応しません。、

この「時計の位置は変更できないの?」や「大きさの変更はできないの?」という疑問に関する情報を紹介します。

時計の位置は変更できない

結論は、「iOS16.0時点でロック画面の時計の位置を変更することはできない、そして大きくしたり小さくしたりすることもできない」、です。

今後、iOS 16の追加アップデート(iOS16.1やiOS16.2等)によって移動やサイズ変更が可能になることに期待するしかありません。

日付の位置も変更できない

なお、iOS16で時計(時刻)の上に表示されるようになった日付が表示される部分についても、元の位置関係に(時計の下の位置に)戻したり、その他の位置に移動することはできません。

3箇所の中身は変更できるが枠自体は移動できない

今回ロック画面でカスタマイズ可能になったボタン・表示類は、「日付表示」「デジタル時計」「ウィジェット欄」の3箇所です。

ウィジェット欄については、その欄の中にウィジェットを追加したり、順番を入れ替えたり、といった変更ができますし、日付やデジタル時計部分は表示内容やフォント・色を変更することができます。

ただしそれらはあくまで最初の3つの枠の中のカスタマイズであり、この3つの枠そのものを移動することはできません

時計の大きさも変更できない

また位置と同様に、サイズを変更(大きくしたり小さくしたり)することはできません

通知の表示位置について

今回通知表示の位置が下部に移動しました。

こちらに関しても、表示位置を従来の上部(上寄せ)に戻すことはできません。

ただし下部に「積み重なるように表示」される部分については、新たに届いた通知(通知センターに格納される前の通知)に関してのみとなりますが、積み重ね表示(スタック表示)から、従来のリスト表示(ただし下寄せの状態は変わらず)に変更することができるため、iOS16にアップデートして通知の視認性が気になった場合には、そちらの設定変更を試してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿