情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS17】新機能「Object Capture」(3Dスキャン)はどこから使うの?について

iOS 17 (34)

iOS17で追加された新機能「Object Capture」が追加されたことを知ったものの、iOS17にアップデートしたものの「Object Captureの使い方が分からない」「どこから使えるの?」と困ってしまうケースが発生しています。

今回は「Object Captureを使いたい」と思ったユーザー向けの情報を紹介します。

「Object Capture機能はどこから使うの?」

iOS17でiOSに追加された新機能「Object Capture」は、カメラアプリ等のApple製アプリのどこかから使う、というものではなく、iOSアプリの開発者が、iOSアプリを開発する際に利用できる機能(API)として提供されています。

そのため、「Object Capture機能を探して使う」というより、「Object Capture機能を使って開発された機能が搭載されているアプリを探して、そのアプリを使うことでObject Captureを利用できる」というようものです。

したがって、iOS向けのObject Captureを使ってみたいと思ったら、iPhone内でObject Capture機能を探すのではなく、(早くもObject Captureを使用して開発された)アプリを探してインストールすることとなります。

Object Capture使用アプリは複数ある

iOSアプリ開発者がObject Capture機能を使って開発したアプリは1つではないため、Object Captureを使うのであればどれか特定の「このアプリ」と決まっているわけではありません。

そのため、Object Captureを利用して開発されている(利用できる)アプリを選んでダウンロード・インストールしてみてください。

iOS向けObject Capture対応アプリをiOS17リリース直後に提供しているアプリは、アプリの説明や新機能紹介(アップデートの説明)で「Object Capture」に言及している場合が多いので、そうした記述が参考になります。

具体的なアプリとしては以下があります:

こうしたアプリをインストールして、アプリ内でObject Captureを使用したスキャン機能を使用します。

試す際の注意点

なお、「Object Capture」を利用して3Dスキャンを行う際、ある程度の明るさが必要になるのと、慣れによって短縮できるものの繰り返しスキャンする時間、そして対象物の周りをぐるっと回ることのできるスペースが必要となるため、試す場所や時間帯などに注意してください。

Object Capture対応端末に注意

また、「Object Capture」が利用できるiPhoneは、LiDARが搭載されているiPhone 12 Pro以降の端末とされています。

つまり具体的には、iPhone 12以降のPro/Pro Maxシリーズで、以下の通りです:

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max

LiDAR features are available on iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max, iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Max, iPhone 14 Pro, iPhone 14 Pro Max, iPad Pro 12.9‑inch (4th generation and later), and iPad Pro 11‑inch (2nd generation and later).
引用元

ここに、発売予定の「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Pro Max」が追加されます。

利用しているiPhoneがこれらの対応端末に含まれているかも確認してください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿