情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ChromeでYouTubeが重いユーザーが急増中(2024年1月10日頃以降)

Chrome (223) YouTube (193)

Chromeのアップデートが配信された2024年1月10日頃以降、「突然ChromeのYouTubeが重くなった」「読み込みに時間がかかる」「反応が遅くなった」という問題の発生するユーザーが急増しています。

現在発生が増えているこの問題に関する情報を紹介します。

ChromeのYouTubeが重い

2024年1月10日頃以降、ChromeからYouTubeを開いたときに関して、「重い」「遅い」「メモリ使用量が多い」などの声が急増しています。

Chromeアップデート後に重い

特に、1月10日にChromeアップデートが配信され、「ChromeをアップデートしてからYouTubeが重くなった」との声も多くなっています。

何らかの問題発生中か

こうした問題の報告が1月10日頃から一斉に急増していることから、そうしたユーザーに共通する何らかの問題が、ChromeやYouTube周辺で発生してしまっているものと思われます。

しかしその原因について、詳細はまだ判明していません。

対策について

とはいえいくつか対策はあり、根本解決に関しては、状況が改善されること、改善アップデートが配信されることなどを待つこととなりますが、その他の対策方法としては、まず広告をブロックするような拡張機能を使用している場合は無効にする、というものがあります。

現在、そうした拡張機能の影響でYouTubeがオフライン状態になってしまったり、表示が重くなるような現象が発生しているため、その影響ではないかを試す意図があります。

また、問題が解消しない場合には、Chrome以外のブラウザ、例えばFirefoxなどをChromeの代わりに試し、動作が改善されるかどうかを確認するようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿