情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「J:COMのWi-Fiがつながらない」問題と対策について

au (44) J:COM (2) Wi-Fi (14) インターネット (5)

最近たまたま連続で「J:COM の Wi-Fi がつながらない」という声を見かけて、ちょっと気になってTwitter上を調べたときのことをメモしておきます。

J:COM x Wi-Fi で見つかる「つながらない」「つかえない」の声

J:COM と Wi-Fi という2つのキーワードでTwitterを検索すると、Wi-Fiが使えなくてネットにつながらない、という話がたくさん出てきます。

正常につながっているうちは、わざわざ言及しない、という見方もできますが、それにしても「つながらない」という話の密度が高すぎるように感じます。また、内容にも気になる点があります。

コンセント抜き差し=再起動が毎月必要になっている、というのは、気になる記述です。

アンテナの点検、とは一体。電源抜き差し効果だったりして…

電源は抜き差ししたのかな、LANケーブルだけかな…

↑そういえばもう、光回線は、Wi-Fiがつながる先、くらいの存在なんですよねぇ。有線回線、っていうイメージはだいぶ少なく。次のツイートも↓

症状詳細

ランプの点滅、の話がたまに出てきます。

このあたりの様子も、ツイッターアカウントに教えてあげると良いかもしれません。

対策について

対策について、書いておきます。

すぐ自分でできる対策

実は、J:COMサポートアカウントが、こういったツイートにしたいして、メンションを多数送信しています。だいたい定型文で、以下のようなツイートです。

ひとまず、「モデム・Wi-Fiルーターの再起動をしろ、話はそれからだ」という形式です。私も、とりあえず再起動をオススメしたくなります。

ポイントがあるとすれば、もし壁から通信ケーブル(LANケーブルなど)で、2台以上の機器が数珠つなぎになっているのであれば、壁に近い方の機器だけをコンセントに挿してしばらく待って起動完了を待ってから(完了したかは、ランプで確認するなり、10分など十分に待つ)、次の機器をコンセントに挿す、と、壁に近い方からコンセントに挿して電源を入れるというのがおすすめです。順番が逆だったりすると、うまくいかない、なんてことが昔よくあったりしたので。どうせやるなら。

この「再起動」で直らなかった場合は、本格的にサポート窓口のお世話になる、という流れのようです。

また、追加で気になったのは、このツイートです。

再起動(コンセントの抜き差し)でダメなときは、挿す場所を変えてみる(繰り返し試してみる)、というのも、試すと良いかもしれません。

よくある質問の手順を参考にする

J:COMのインターネットにつながらない、という問題について公式サポートページをたどると、次のページにたどり着きます。

ここには、確認事項がいろいろと列挙されているので、順番に確認&捜査を進めてみるとよいと思います。

電話サポートを使ってみる

それでもダメ、という場合や、手順がよく分からない、という場合は、苦労して手順書とにらめっこするくらいなら、やはりサポートに連絡を取るのが一番だと思います。

TwitterのJ:COM サポートアカウントは、活動時間帯がかなり広いようなので、ここにTwitterでメンションを飛ばしてみる、というのも良さそうです。

ただ、電話サポートが使える時間であれば、電話サポートを使ってしまうほうが、より迅速に具体的なアドバイスがもらえるかと思います。契約状況の確認から、地区や機器も特定して貰えるはずですし。

というわけで、以下のリンクから、電話番号を調べて電話してみるのがおすすめです。

用語

出てきた用語。

ホームスポットキューブ

これのこと→「製品 | Wi-Fi HOME SPOT:スマートフォン | au」 オシャレWi-Fiルーター。

J:COM ホーム Wi-Fi

これ→「ZAQ|家庭内ネットワークサービス|J:COMホームWi-Fi」。J:COMのWi-FIって言ったら、これを挿すのが適切。J:COM回線に自分で買ってきたBuffaloか何かのWi-Fiルータを接続した状態をJ:COMのWi-Fiと言ったら違和感。

気になる書き込み

こんな書き込み(Tweet)を見つけました。

障害情報

コメント(0)

新しいコメントを投稿