情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS12】ステータスバーにBluetoothアイコンが表示されない原因とiOS12での仕様変更

iOS (353) iOS 12 (57) iPhone (1495)

iOS12へのアップデート後、画面上部のステータスバーに今まで表示されていた「Bluetooth(ブルートゥース)」のアイコンが消えてしまっていることに気が付き、「iOS12では非表示になった?」「接続すると表示されるの?」「Bluetoothがオンなのか分からない」などと疑問に思うユーザーが増え始めています。

この「Bluetooth」アイコンが表示されなくなった問題について紹介します。

iOS11までの「Bluetooth」アイコン表示

iOS11では、Bluetoothを「オン」にしてあると、画面の右上、バッテリー表示のすぐ左のエリアにBluetoothのロゴマーク(Bをモチーフにしたデザイン)が表示されてしました:

しかしiOS12へのアップデートを実行すると、Bluetoothが「オン」であっても、Bluetoothのアイコンが表示されません

Bluetooth接続したら表示されるの?

「Bluetoothが接続されていないときは表示されなくなった」という可能性があるので、次の画像のようにMagic Keyboardを接続してみましたが、それでもBluetoothアイコンは表示されませんでした。

BluetoothアイコンがiPhone User Guideのアイコン説明から削除

そこでもしかしてBluetoothアイコンの表示機能自体が削除されたのでは?と思い、iPhone User Guideを確認してみました。

すると、iOS11のころは、「Status icons」というページで次の通り紹介されていた「Bluetooth」アイコンですが、

iOS12のUser Guideでは、「Bluetooth」という項目自体が消えてしまっていました

Bluetoothアイコンの表示自体が廃止

ここから、もうステータスバーに「Bluetooth」と表示されることはない、つまり、アイコン表示はiOS12にて廃止となったようです

「Bluetoothオンのまま」に気が付きにくく

こうして不具合や設定の問題ではないと分かりました。

しかしこの仕様変更によって、バッテリー節約のためにBluetoothをこまめにオフにしていたユーザーは、Bluetoothが有効か無効かを確認するためにコントロールセンターもしくは設定を開く必要があります。

iOS11からの流れ?

この仕様変更は一見突然ですが、iOS11で「コントロールセンターからWi-Fi/Bluetoothを完全にオフできなくなった」仕様変更からの流れとも考えられそうです。

iOS11で行われたその仕様変更は、「バッテリー節約のためにこまめにオフ」という操作のしやすさを提供する優先度が下がったことの現れで、今回Bluetoothについてさらにそのような操作の重要性が低く扱われるようになり、現在の状態を表示する部分まで削除された、とも考えられるわけです。

Wi-Fiアイコンは「4G/LTEに繋がっているかWi-Fiに繋がっているか」を見分けるために重要な役割を担い続けていますが、Bluetoothの場合はもともと単純に「Bluetoothがオンかどうか」を表現するのみであり、より表示を廃止しやすいアイコンだということもあります。

仮にiOS11からの流れと考えるにしても「ではiOS11ではどうしてそんな変更が行われたのか」という疑問が当然出てくるのですが、「自動化/勝手にやってくれる」が充実する最近の流れの中で「こまめに手動でオフ」という作業はビジョンと合わないのではないかな、というのがまずぱっと思い当たります(※iOS11で導入された新しいWi-Fi/Bluetoothオフ機能もかなり自動化されたリッチな「オフ」になっている)。

最終的に、「こまめに手動でオフ」なんて操作をしようと思う利用者ががほとんど居なくなるほど、iOSがいろいろな面で進化してくれると良いのですが。

コメント(0)

新しいコメントを投稿