情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「【Amazon】■重要■にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」メールに注意

フィッシング (30)

2018年12月25日現在、「Amazon.co.jp」という差出人から「【Amazon】■重要■にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」というメールが届き、Amazonのアカウントが使えなくなる恐れがあることを通知されるユーザーが増えています。

このメールが届いた場合にどう対処すれば良いのか、などを紹介します。

Amazonから届く「残念ながら、あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした」メール

現在届くユーザーが増えているのは、次のような内容のメールです:

件名:【Amazon】■重要■にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認

本文:
amazon.co.jp プライム

Amazon お客様

残念ながら、あなたのアカウント Amazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Amazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。

[Amazon ログイン]

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告します

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ:Amazonカスタマーサービス。

お知らせ:
・パスワードは誰にも教えないでください。
・個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
・オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Amazon

Amazonのログイン画面につながる

「Amazonログイン」ボタンをタップすると、本物のamazonとは違うURLのページが開き、偽物のamazon.co.jpのログイン画面が表示されます。

ログイン画面は偽物

このページに表示されたログイン画面は本物のamazon.co.jpのログインページではない、偽物のページなので、そのため、ここにログインに必要なメールアドレスとパスワードなどの情報を入力してしまうと、アカウントが乗っ取られる恐れがあります(フィッシング詐欺と呼ばれるタイプの詐欺で、届いたメールはフィッシングメール、開いた偽ページのことをフィッシングサイト、と呼びます)。

対策について

したがって、このメールが届いたとしても、「Amazonログイン」ボタンをタップしてログインページを開いたり、開いたログインページにログイン情報を入力して先に進んだりしないようにしてください。また、異なる画面が表示されたとしても、ログイン情報や、クレジットカード情報・個人情報等を入力してしまわないように注意してください。それらの情報が悪用される危険があります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿