情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Amazon「あなたのアカウントは停止されました」は本物?クリックしてしまった場合の対策は?について

フィッシング (31)

Amazonから「あなたのアカウントは停止されました」とのメールが届き、「本物?」「詐欺?」「確認用アカウントをクリックして大丈夫?」「永久ロックって何?」などの疑問を持つユーザーが増えています。

今回は、このメールが本物なのかどうかという話や、クリックしてしまった場合についての対処方針などについて紹介します。

「あなたのアカウントは停止されました」メールは偽物

2020年1月4日現在、Amazon.co.jpから次のメールが届くユーザーが多い状態が続いています。

確認用アカウント
amazon

あなたのアカウントは停止されました

こんにちは○○○○

誰かがあなたのamazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。そうでなければ、Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。それ以外の場合、あなたのアカウントは永久ロック

[確認用アカウント]

宜しくお願いします

Amazon Protection

このメールは、Amazon.co.jpから配信された正式なメールではなく、偽物のメールです。

「確認用アカウント」をクリックすると、本物そっくりのログイン画面が表示されますがそれは偽物で、ログインに必要なパスワード情報やクレジットカード情報を入力などを盗み取り、悪用することが目的と思われます。

このような偽物のメールが非常に多い状態が続いており、Amazonのヘルプページのトップにも次のような注意が表示されるようになっています。

Amazon.co.jpを装い、お客様の情報を不正に取得する詐欺が発生しています。不審なEメールやSMSなどが届いた場合、絶対に添付ファイルやリンクを開かず、記載された電話番号には連絡しないでください。詳しくは、こちらをご覧ください。

引用元

Amazonからの本物の連絡を確認する方法

Amazonからの本物のメッセージは、Amazonのメッセージセンターで確認することができます。

ヘルプにも「Amazon.co.jpからのEメールを確認するには、メッセージセンターに移動してください」との説明があり、こういった種類のメールについても、こちらに掲載されるものと思われます。Amazonにはこの特別な機能が用意されているため、覚えておくといざというときに役立つかと思います。

また、Amazonにログインすることで、本当にアカウントが変な状態になっているのかどうか(ログインできないようにされているなど)を確認することも可能です。

Amazonのログイン情報やクレジットカード情報などを入力してしまったら

Amazonのログイン情報(パスワードなど)や、クレジットカード情報などを入力してしまった場合は、それらの情報が悪用される可能性を考えてた対策を行うようにしてみてください。

Amazonのログイン情報を入力してしまった場合については、ヘルプでも次のように案内されているとおり、パスワードの変更を行うようにしてください。

クレジットカード情報を入力してしまった場合は、クレジットカードの悪用が考えられるため、クレジットカード会社の窓口に連絡を行うようにしてみてください。

また、その他の対策については次のヘルプページで案内されているので、そちらを参考にしてみてください:Amazon.co.jp ヘルプ: コンピューターを保護する(ヘルプのタイトルが見落としやすい)

予防用の設定について

Amazonのパスワードを盗み取られてしまった場合の対策設定の一つとして、2段階認証を設定しておくという方法があります。「騙されてしまった」「騙されそう」と感じたユーザーは特にこちらの設定を行っておくことをおすすめしますし、そうでなくとも基本的なセキュリティ対策として、設定しておくことをおすすめします。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿