LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「新春LINEおみくじ(LINEのお年玉キャンペーン2019)」キャンペーン・「おみくじ年賀スタンプ」のよくある質問と注意事項について

LINE (1486) LINE-キャンペーン (50)

本日より、「新春LINEおみくじ LINEのお年玉キャンペーン 2019」が開始され、「おみくじ年賀スタンプ」の販売が開始され、LINEチームから、そのお知らせが配信開始されました。

この新しいキャンペーンの参加方法や、特徴、対象スタンプなどについて紹介します。

LINEのお年玉キャンペーン2019が開始

2016年末から2017年年始にかけて初めて開催されてから今年で3年目となる「LINEのお年玉」キャンペーンが今年も開催されることが告知されました。

LINEおみくじとは?

今回も、LINEスタンプを購入すると「おみくじ」が貰えて、その結果でLINEポイントやLINE Payチャージが貰えるキャンペーンが実施されます。

キャンペーンの期間は?

本日2018年12月27日午前11時より、「LINEおみくじ」が付属するスタンプ「おみくじ年賀スタンプ」の販売が開始されました。

実際におみくじを開くことができる期間は2019年1月1日00:00~2019年1月9日23時59分までの9日間です。

しかし、「友だちおみくじ(後で説明」を送信できる期間は2019年1月1日00:00~2019年1月3日23時59分までの3日間なので、注意が必要です。

おみくじの入手方法

LINEのおみくじを入手するには、LINEのスタンプショップで金色のフレームが付いた「おみくじ年賀スタンプ」を購入する必要があります。

LINE公式スタンプが32種類に加えて、LINE公式絵文字やクリエイターズスタンプなど、対象スタンプは2,000種類を超えます。そのため、今までLINE公式のスタンプが趣味に合わないので買う気が起こらなかった、という人であっても、よりスタンプを選びやすくなっています。

おみくじの種類

対象スタンプを購入すると、「友だちおみくじ」が10個、「自分おみくじ」を1個もらうことができます。

「友だちおみくじ」と「自分おみくじ」との違いは?

「友だちおみくじ」は、友だちに送信することができるおみくじで、相手に送信して使います。受け取った友だちは、おみくじを開封して当たりが出ると、LINE Pay 1万円分がもらえます。

これが1万本用意されているため、1万円が1万本で総額1億円のキャンペーンとされています。なお、友だちおみくじでこの1万円分以外の当選金額(2等以下)は不明で、1万円かハズレか、の2つしかない可能性があります(総額1億円と宣伝している為、他に当選できるとしたら、既に自分おみくじで総額の計算から外しているLINEポイントにとどまるはず)。

一方、「自分おみくじ」は、友だちに送信したりすることなく自分が引くことができるおみくじで、大吉・吉・末吉があり、LINEポイントがそれぞれ240ポイント、120ポイント、1ポイントもらえます。

送信できない友だち

海外版のLINEアカウントや、電話番号認証せずに作成したアカウント(Facebook認証アカウント)、iPhone版・Android版を使っていないアカウント(PC版LINEのLINEアカウントしかない場合)には、送信することができません。

また、同じ友だちに送信できる「友だちおみくじ」は1つのみなので、10個の友だちおみくじを配るには、10人の友だちが必要です。

おみくじの送信方法は?おみくじの開封方法は?

おみくじの送信や開封ができるようになるのは平成31年元旦を迎えてからなので、それまでは送信したり開封することができません。

LINEトークで送るのではなく、おみくじを貰ったときもらえるおみくじ専用のページから、送信相手を選んだり、開封を行う仕組みです。購入後に送られてくるメッセージを開くようにしてください。

過去のお年玉キャンペーン

コメント(0)

新しいコメントを投稿