情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Twitter「プロフィールが変更できませんでした」エラーでプロフィールを変更できない原因と対策について(自己紹介を変えられない問題)

Twitter (355) Twitter-Android (34) Twitter-エラー (15)

Android版Twitterにて、自分のアカウントのプロフィール(自己紹介)を編集しようとした際に「プロフィール変更できませんでした」エラーが表示されてしまい、プロフィールを変更できない場合があります。

この問題について、「障害が発生している?」「不具合?」などの声も聞かれるのですが、いろいろと実験をしてみたところ、どうやらこの問題には特定の原因があり、しばらく待っても解決しないタイプのエラーメッセージであるようでした。

今回はこの「プロフィールが変更できませんでした」エラーが発生してしまう原因と、その対策について紹介します。

「プロフィールが変更できませんでした」エラー

Android版Twitterにて、「プロフィールを編集」ボタンから自分のプロフィールを編集し、編集を完了した直後次のエラーが表示されてしまい、プロフィールの編集結果が反映されず、保存されない状態になってしまう場合があります。

プロフィールが変更できませんでした

Profile update failed

原因

このエラーが発生する原因は、設定しようとしたプロフィール(名前や自己紹介)に、使えない文字が含まれているケースです。

代表的なケースは、四角い括弧「[」や「]」を使ってしまったケースです。

この括弧は、現在プロフィールに利用できない文字となっており、ものすごくわかりにくいのですが、「プロフィールが変更できませんでした」というエラーになってしまっている模様です

Android版Twitterでなければ違うエラーメッセージになる

同じプロフィールに利用できない文字としては「<」や「>」があるのですが、これらについては「自己紹介には<を使用できません」というもう少しわかりやすいエラーメッセージが表示されるため、それほど困りません。

また、同じ「[」を使ってしまったケースであっても、iPhone版Twitterやパソコン版Twitterであれば「Account update failed: Descriptionにinvalid charactersを含めることはできません」というエラーが発生し、このエラーについては以前からこちらで解説している通り、まだ原因のヒントとなるエラーメッセージとなっています。

しかし最近発生し始めたと思われることの「プロフィールが変更できませんでした」というエラーは、原因が障害・通信障害にあるように見えてしまい、「今できないだけ」のように感じてしまうエラーです。

ただ実際は記号が問題であったりして、非常に分かりにくい状態となってしまっています。

対策

そのため、このエラーが表示されてしまった場合はまず「[」や「[」の記号をプロフィール内で利用しないようにしてください。

現在のプロフィールですでに使っていた場合も、現在は禁止文字となってしまっているようなので、「[」や「]」を使わないプロフィールに修正したうえで保存するようにしてみてください。

括弧を使っていない場合

ただし、括弧を消してみてもエラーが表示されてしまったり、括弧をどこにも使っていないのに「プロフィールが変更できませんでした」と表示されてしまう可能性もあります。

この場合は、ほかの記号や、画面上に表示されない特殊文字を利用してしまったいることが原因でエラーになっている可能性を疑い対処するようにしてみてください。

対象方法の例1

まずひとつ簡単な方法は、プロフィール(自己紹介・名前)を一度全部消してから、数文字だけ手入力して、「これなら絶対に保存できる文字」だけにして一度保存(編集完了)する方法です。そして、「これならエラーにならずに保存できる」というのを確認してから、少しずつ入力→保存→入力→保存を繰り返して、エラーが出るのを待ってみてください。

もしエラーが表示されたら、その直前に追加した文字の中に、エラーの原因になっている「使ってはいけない文字」が含まれていることが分かります。

対処方法の例2

もしプロフィールを編集している最中に、誰か友だちのアカウント名や、顔文字など、手入力が面倒な文字をコピーしてきていた場合そのコピーをやめることでエラーの発生を回避できる場合があります

というのも、どこかから「コピー」してきた文字をそのままプロフィールに使っている場合、そのコピーしてきた文字の中に特殊文字が含まれてしまっている可能性があるからです。

そのため、一度コピーを行わず、自分でキーボードを使って打ち込んで保存していて、エラーが出るかどうかを確認してみてください。

対処方法の例3

何かキーボードやAndroidスマートフォンの不具合でこのエラーが出るようになってしまう場合も考えられるため、Androidスマートフォンの再起動や、Twitterアプリを最新版にアップデートする、絵文字キーボードなどの特殊なキーボードを使っていた場合は標準のキーボードに戻すなどを行ったうえで、プロフィールの手入力を行って再度保温しg手見る、といった対処法もおすすめです。

対処方法の例4

いろいろ試してどうしてもうまくいかない、と思った場合は、一度自分の名前と自己紹介をすべて消してから、ひらがなだけで書いてみてください。

ひらがなだけで書けば、通常エラーなく保存できるはずです。そうした上で、少しずつ自分の書きたい自己紹介に書き直しては保存を試してみて、「これを入力したらエラーになっちゃうぞ?これを入力したのが原因か?」というのを探ってみてください。

一度保存できる名前・自己紹介を作ってから、いつエラーが出るのかをいろいろ試す、という流れが大切であるため、少々極端ですが一度すべてひらがなで書く、というのもおすすめです。

さらには自己紹介については何も入力しなくとも保存できるはずなので、一度すべての文字を消してから保存できるかを試してみるのもよいかもしれません。

関連するエラー

iPhone版でも似たようなトラブルが発生しているので、そちらについての過去記事で紹介している対処法も参考にしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿