情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

あつまれどうぶつの森は「ポケ森(ポケットキャンプ)」とデータ連携・連動できるの?について

どうぶつの森 (37)

3月20日発売予定のNintendo Switch向けソフト「あつまれどうぶつの森(あつ森)」についての詳細情報が、本日2月20日の配信番組にて、追加発表されました。

その中で、スマートフォン向けソフトとの連携が紹介されました。これについて、「ポケ森と連動・連携できるの?」と思ってしまうかも知れませんが、「ポケ森」の話はそれとは別に今回説明がありました。

以前から情報が出されていた「どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)」と「あつまれどうぶつの森(あつ森)」との連携についての話とも関連してその詳細が分かってきたので、「連携はあるの?連携できるの?」と気になったユーザー向けの情報を紹介します。

「ポケ森」との連携はなさそう

もともと以前(昨年)、海外サイトのインタビューにて、Switch向けの「あつまれどうぶつの森」と、スマホ用アプリの「どうぶつの森ポケットキャンプ」との間での直接的なデータ連携(direct connectivity)が予定されていないことが言及されていました。

Though they won’t have any sort of direct connectivity, there are already collaboration items being planned for the two games.

引用元

その代わり、「コラボレーションアイテムが計画されている」と説明されています。

なお、直接的な連携機能を用意していない理由についても、「2つのゲーム(あつ森とポケ森)は、異なるタイプのゲームであると感じているから、ゲームの体験を分けたい」と説明しており、今後も追加で連携が発表されることはなさそうな雰囲気となっています

“We want to make sure to separate the gameplay because we feel they’re two different types of games,” Kyogoku said.

引用元

「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」での説明内容

一方、本日放送された「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」にて、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」に対する言及があり、その中で「あつまれどうぶつの森」側と、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」側、その両方で特別なアイテムがもらえることが発表されました。

そして、それ以上の「データ連携」などについての発表はなく、以前から言われていた通りの「コレボレーションアイテムが計画されている」の内容がより詳細に公開されたことに相当していたと言えそうです。

スマートフォンアプリとの連携

しかしその一方で、スマートフォンアプリとの連携、つまり、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」アプリではない、スマートフォン向けアプリ「Nintendo Switch Online」向けのサービス「タヌポータル」との連携が詳しく説明されました。

3月中にリリース予定のサービスであり、カメラ機能を利用したQRコード読み取り経由の、とびだせどうぶつの森やどうぶつの森ハッピーホームデザイナーで作成したマイデザイン取り込みが可能となることなどが説明されました。

Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』専用のサービス「タヌポータル」を使えば、ニンテンドー3DS『とびだせ どうぶつの森』『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』でつくったマイデザインのQRコードを、『あつまれ どうぶつの森』にダウンロードすることができます。

引用元

まとめ

以前より、あつ森とポケ森との間に直接的なデータ連係・連動機能はないことが、(わずかな情報からではあるものの、)予想されていました。

それが今回の配信でより強化された印象があります。

ただしこれはあくまで現時点での見方であり、今後追加発表や、変更がある可能性もあり、今後一切あり得ない、というわけではありません。

とはいえ現時点で連携できる可能性は低いと見られます。しかし具体的なコラボアイテムの存在が発表されたため、あつまれどうぶつの森でその特別なアイテムを受け取る目的でポケットキャンプを遊び始めておく、ということは効果があることなのではないかと思われます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About