情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhone版Twitterアプリを開くとすぐに落ちる不具合発生中?(iOS13にて発生)

Twitter (491) Twitter-iPhone (55)

本日2021年12月7日より、iPhone版のTwitterアプリが利用中に突然落ちる(強制終了する)ようになってしまった、というユーザーが急増しています。

現在発生しているこのTwitterアプリの問題について紹介します。

Twitterアプリが起動後すぐ落ちる

本日2021年12月7日現在、提供されたばかりの最新版Twitterアプリ「バージョン8.93」(iOS版)へのアップデートを行ったユーザーの間で、アプリを開くとすぐに落ちるTwitterアプリを起動するとすぐに落ちるタイムラインの表示途中にすぐ落ちる、などの問題発生報告が急増しています。

不具合発生中か

最新版へのアップデート後に、iOS版のTwitterアプリ(iPhoneおよびiPad)での発生報告が増えており、最新版アプリで何らかの不具合が発生し、突然落ちてしまう問題が発生しているものと思われます。

対策について

アップデート後に多くのユーザーの間で発生しており、また、アプリのバージョンを戻す(ダウングレードする)ということも簡単にできるものではないため、アプリをアップデートしてこの問題が発生してしまった場合は、Twitter社側での対応の完了を待つ(場合によっては修正アップデート不要で問題解消する可能性も)、もしくは、修正版アップデートの提供を待ってから最新版へのアップデートを行うようにしてみてください。

また、修正が行われてアプリが落ちないように鳴るまでは、ブラウザ版Twitterを利用する、という回避方法の利用も検討してみてください。

追記:古いiOSバージョンで発生中か

現在この問題は、iPhoneのソフトウェアアップデートを長い間行わずに古いバージョンのiOS(iOS13等)を利用しているユーザーの間で発生しやすい状況となっている傾向があるようです。

そのため、ソフトウェアアップデートを行い最新版のiOSにアップデートを行うことで、アプリが落ちなくなる可能性があります。

ソフトウェアアップデートを行うことで操作方法や画面表示が変化したり、事前バックアップを行っておくことが好ましいなど、手間やデメリットなどもありますが、ソフトウェアアップデートを長い間行っていない、といった場合には、iOSの最新版へのアップデートも検討してみてください。

追記:修正版アップデートにより解消へ

その後、Twitterアプリの最新版「バージョン8.93.1」がリリースされました。

App Storeより、こちらのバージョンへのアップデートを行ってみてください。アップデート後に落ちてしまう現象が解消されたとの声が増えています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿