LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEアップデート後に「アプリが開かなくなった・落ちるようになった」の声が増加中(2021年12月13日現在)

LINE (1552) LINE-iPhone (434) LINE-アップデート (168) LINE-タイムライン (116)

本日2021年12月13日に配信が開始されたiPhone版(iOS版)LINEバージョン11.20.0へのアップデート以降、「アップデートしたらLINEが開けなくなった」「落ちるようになった」などの声が増えており、一部のユーザーの間でアプリが落ちてしまう問題の発生が増加している模様です。

この問題について紹介します。

LINEアプリがアップデート後に開かない・落ちる現象

本日2021年12月13日に配信が開始されたiPhone向けのLINEアップデート(バージョン11.20.0)の適用後、「LINEアプリが起動できなくなった」や「LINEアプリが開けなくなった」「LINEアプリがすぐ強制終了するようになってしまった」「アップデートしたら開けない」等、LINEアプリの起動に関する問題の発生報告が急増しています。

不具合が発生か

本日のアップデートの配信後にこのような「アプリが落ちるようになった」との報告が急増していることから、何らかの不具合が発生しているのではないかと考えられます。

今回のアップデートでは新機能「VOOM」が追加されタイムラインが廃止されるなどの大型のアップデートが行われていることから、そういった不具合は他の小さなアップデートと比較すると発生しやすいとも考えられます。

対策について

しかし今のところ、この現象を回避する方法等の明確な対策手順は判明していません。また、一部のユーザーでのみ問題が発生していることから、何らかの発生するユーザーと発生しないユーザーとを分ける要因があるのではないかとも考えられるのですが、そちらについても今のところ分かっていません(例えば空き容量不足やLINEアプリ内のデータの肥大化、特定の機能利用の有無など)。

そのため、アップデート直後に落ちるようになってしまった場合には、慌ててiPhoneの設定変更や初期化、LINEアプリの再インストール(トーク履歴が消えてしまう可能性)などの影響が大きくなる変更・操作を試そうとするのではなく、修正アップデートの配信開始や対策方法の判明などを待つようにしてみてください。

強制終了する問題は過去にも発生

追記1:不具合発生が告知

その後、特に影響が大きくなっているためか、LINE公式のTwitterアカウントより、最新版アップデートでアプリが開かない不具合が発生していることが告知されました。

追記2:修正アップデートが提供開始

発生2日後の2021年12月15日、アプリが開けなくなってしまう不具合を修正したiOS版LINEアプリの最新バージョン11.22.0がリリースされました。

最新版へのアップデートを行ってみてください。

LINE公式Twitterアカウントからも、次のように修正版のリリースが告知されています:

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿