情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter障害情報】Twitterが重い・読み込みが遅い・Wi-Fiからだとつながらない等の問題発生が急増中

Twitter (484) Twitter-障害情報 (70)

本日2022年7月1日未明より一部のユーザーの間で、Twitterを開いても読み込みが遅い・重い・つながらない・アクセスできない・使えない、などの報告が急増しています。

また、Wi-Fiにつないでいると遅い、という報告が多いことが特徴です。

現在発生中のこの問題についての情報を紹介します。

Twitterが重い

本日2022年7月1日未明より、一部のユーザーの間で、Twitterが重い、なかなか読み込まれず使えない、などの声が急増しています。

ただしその問題が起こるのはWi-Fiをオンにしている場合のみで、Wi-Fiをオフにした、4G回線/5G回線を利用する状態なら使える、との報告が多いことが特徴です。

原因について

現在発生中のこの問題の発生原因について、詳細は分かっていません。

しかし、Wi-Fiがオンの場合にのみ発生し、4G/5G回線に切り替えると発生しなくなることや、一部のユーザーでのみ発生していることなどから、特定のネットワーク回線/経路を使用したTwitterへのアクセスに関して、何らかの問題(障害)が発生しているものと思われます。

つまりどういうことかというと、4G/5G回線(モバイル回線)を利用した場合に、そこからTwitterのサーバーへの通信には問題がないものの、Wi-Fiをオンにすることで通信が光回線など、そのWi-Fiの利用している回線を利用した通信に切り替わり、その回線からTwitterのサーバーへの通信経路のどこかで問題が発生し、重い、つながりにくい、ような状態になってしまっている、という状況です。

こうしたとき、すべてのアプリやサイトにつながらない、重い、などといった現象として問題が表れる場合もありますが、今回はTwitterという特定のサービスへの接続に関して局所的に問題が発生してしまっているのではないかと思われます。

対策について

そのため、基本的には問題の解消をしばらく待つようにしてみてください。

そして問題解消までの暫定的な対応として、まずは可能であれば、現在利用している回線ではない回線を利用して、うまくつながるかどうかを試してみてください

具体的には、iPhone/Androidスマートフォンで問題が発生しWi-Fiを利用している場合はオフにする、PCを利用している場合はiPhone/AndroidスマートフォンをWi-Fiオフの状態にして接続できるかどうかを試す(テザリングを利用して、PCからモバイル回線を利用する)などといった方法です。

利用回線の変更でも変化がない場合にはその他の原因も考えられるため、端末の再起動や、Twitterアプリの最新版へのアップデート、ブラウザ版Twitterを利用している場合はアプリ版Twitterを試す、アプリ版Twitterを利用している場合はその逆にブラウザ版Twitterを試す、などの対策や回避策も検討してみてください。

関連

なお、今回のような現象は、以前にも発生していました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿