情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter】画像をタップできない・タップしても拡大できない問題と対策について

Twitter (499) Twitter-iPhone (56) Twitter-不具合 (29)

2022年7月現在、iPhone版のTwitterアプリにて、タイムライン上の一部のツイートの画像をタップできない(タップしても反応しない、画像が拡大されない)問題が一部のユーザーの間で発生しています

この問題と対策について紹介します。

タイムラインの画像をタップしても反応しない

Twitterのホームタブのタイムラインに流れてくる画像をタップした際に、タップしても反応しない問題が、一部のユーザーの間で発生しています。

画像をタップしても反応しないため、画像を拡大表示することができません

また、ツイートをタップしても反応しなかったり、動画がカクカク点滅するように表示されてしまうなどの症状が同時に発生する場合もあります。

何らかの不具合か

画像をタップして拡大ができる場合とできない場合が混在していたり、同じツイートを拡大できないと思っていたら拡大できるようになっているなどの不安定な挙動を示すことから、何らかの不具合が発生しているものと思われます。

対策について

この問題の根本的な対策については、何らかの修正アップデートを待つことになるかと思われます。

具体的には、iPhone版Twitterアプリの最新版がリリースされた際には、Twitterアプリの最新版へのアップデートを試すようにしてみてください。

拡大する方法

根本解決されるまでは、以下のような回避方法の利用も併せて試してみてください。

  • Twitterアプリを再起動する(再発する場合あり)
  • iPhone本体を再起動する(再発する場合あり)
  • 画像を長押ししてからタップする(長押しして少し画像が拡大表示された状態で、さらにその拡大された画像をタップする操作。安定して回避できるものの手間がかかります。ただし、慣れるとそれなりに素早く操作できます)
  • 画像が添付されているツイートを一度タップしてツイートの画面を開いてから、改めて画像をタップする(安定して回避できるものの手間がかかります。ただし、ツイートをタップしても反応しない問題が同時発生する場合もあり、長押ししてからタップする方法より安定感が劣ります)
  • 画像を連打する(何度かタップすると、1回目のタップで開けなくとも、2回目以降で突然拡大される場合があります。ただし、その効果は不安定のようです。また、この方法を利用した後、画像が点滅し始めてしまうなど、挙動の怪しい表示となる場合があります)

コメント(0)

新しいコメントを投稿