情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【中国語?】「客勛」の意味・読み方・注意点について

SMS (176)

2022年8月以降、「客勛」という言葉の意味や読み方などが気になった、知りたい、と思った方向けの情報を紹介します。

ポイントは、この単語をどこで見かけて気になったのか、です。

※この「客勛」という言葉が含まれている国税庁を騙る偽SMSや偽メールが現在多数確認されているため注意してください(詳細)。

客勛とは

客勛の意味は「額(金額)」を意味するもの(読み方は2文字で「がく」)と思われます。

「思われます」という曖昧な説明になっている点について、ここから説明します。

辞書を引いても分からない

まずポイントとなるのが、日本語・中国語どちらにおいても辞書にこの言葉はなく、意味や読み方を見つけることができない、という点です。

「勛」という漢字自体は音読みで「クン」と読む「勲」の異体字のようなのですが、「客勛」という単語は発見することができません。

最近登場した単語

また、辞書に限らず調べてみても、ここ最近しか使われていない単語(最近登場した単語)であり、意味を見つけることができません。

「客勛」が使われている文章

客勛の意味は何か、について考える際に重要となるのがその、この単語が最近使われている場所(文章)です。

現在この単語の意味が気になった、という人の多くは、次のような文中に登場する「客勛」の意味が気になったのではないかと思われます:

あなたの所得稅(または延滞金(法律により計算した客勛 について、これまで自主的に納付されるよう催促してきま したが、まだ納付されておりません。

「計算した客勛」との記述から、計算結果、つまり税金などを表す単語なのではないか、と考えたり、「所得税」の「税」の漢字がなぜか日本語では使用しない「稅」という異なる字体の漢字で記載されていることから、「客勛」も中国語なのではないか、だから意味が分からないのではないか、と類推している方も少なくないようです。

注意点:偽SMS・偽メールの文章

既に把握している人も少なくないかと思いますが、まだ気が付いていない方向けに補足しておくと、この文章は、国税庁を騙る偽SMS・偽メール(迷惑メール)やそのリンク先である偽物の国税庁のページで使用されている文章なので、SMSやメールに記載されている「未払い税金」の支払い要求に応えてしまわないように注意してください(詳細)。

同じ意味を持つはずの文章と比較する

そして今回、「客勛」の意味を考える際に重要となるのが、その偽SMSや偽メールが誘導しているリンク先の、偽物の国税庁のページです。

その偽物の国税庁のページでも、偽SMSや偽メールに記載されている文章と同じ文章が掲載されているのですが、表記が一部だけ異なるものが混在しています。

それが次のような文章です:

あなたの所得税(または延滞金(法律により計算した)について、これまで自主的に納付されるよう催促してきましたが、まだ納付されておりません。

こちらでは、「消費税」の「税」が日本で利用されるのと同じ漢字になっているのとともに、「客勛」が「額」となっています。

「額」が「客勛」になってしまった?

ここから、「所得」が「所得」と字体の異なる漢字に変わってしまっていた(どういう仕組みでこのような変換が発生しているのかは不明ですが)のと同様に、「法律により計算した」についても、字体が変わってしまうのと同様に「法律により計算した客勛」に変わってしまったのではないか、と考えられます。

そして実際、周囲の文章や役割が基本的に同一であるため、この「額」の部分だけ身の異なる単語に置き換えられた、とも考えにくく、「客勛」は「額」を意味する単語(というより字の並び)と推測されます。

図形的な変換か

ではなぜ「客勛」という単語が見つからない状態でそんな変化が発生してしまったのか、という点ですが、ちょうど「額」という漢字は、左半分が「客」、右半分が「頁」であり、単語というより、文字の並びとして見ると似ているため、手で書き写された際のミスなのか、自動認識(OCR)されたのか、など詳細は不明ですが、「客勛」という単語がない(見つからない)状態であっても、図形的な類似性から「額」から変化して「客勛」になった、と考えることができそうです(※実際に自動文字認識のツールを利用したことがあるユーザーであれば、このような文字の区切り目が誤解されたり、不思議な感じが入り込んできたり、というのは似たような経験が思い起こされることもあるのではないかと思われます)。

「額)」が「客勛」に

また、よく2つの文章を見比べてみて欲しいのですが、「額」のほうには閉じ括弧「)」があり「額)」となっているものの、「客勛」の後ろには閉じ括弧「)」がなく、単に「客勛」となっています。

ここから、実は「)」の括弧も今回の変換に巻き込まれている、つまり、「額)」が「客勛」に変換された、つまり、「頁」が「勛」に変換されたのではなく、「頁)」が「勛」に変換された、と考えられそうです。

「頁」が「員」になり、「)」の部分が「力」になってしまったというわけです。もともと「力」の部分が突然現れたような印象もありましたが、「)」まで含めて考えると、より「図形的な変換(文字認識)」のミスによって生じたと想像しやすくなります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿