情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【SMS】「【9月14日国税庁】最終通知、未払い税金お支払いのお願い。詳細はこちら」が届くユーザーが急増中

SMS (176)

本日2022年9月5日現在、SMSで突然「【9月5日国税庁】最終通知、未払い税金お支払いのお願い。詳細はこちら。 https://~~」という文面のSMSが携帯電話と思われる電話番号から届いたが心当たりがない、というユーザーが急増しています。

現在増加中のこのSMSについて紹介します。

最新情報(2022年9月14日)

本日2022年9月14日、日付部分が「9月5日」から「9月14日」に更新された文面のSMSが届くケースが再び増加しています。

「【○○月○○日国税庁】最終通知」で始まるSMSが届く

本日2022年9月5日18時過ぎ頃より、突然SMS(ショートメール、ショートメッセージ)で次のような文章およびリンク(URL)が届いた、というユーザーが急増しています。

【9月5日国税庁】最終通知、未払い税金お支払いのお願い。詳細はこちら。 https://cutt.ly/.......

リンク先にアクセスすると「差押最終通知」と表示される場合があり、人によっては「税金の納付に漏れがあったのかもしれない」「期限を勘違いしていたかもしれない」などと思ってしまいそうなメッセージが表示されます。

偽物

しかしこのSMSは偽物であり、国税庁が配信しているものではありません

同じ税金関連でも組織によってはSMSによる案内を配信している場合がありますが、国税庁(国税局・税務署)に関しては、国税庁がSMSを用いた連絡を行っていないと告知としており、そういった点でも、この国税庁を名乗るSMSは偽物です。

したがって、案内の通りに支払いを行ってしまったりしないように注意してください。

日付が入っている理由

なお、冒頭に日付が入っているのは、迷惑SMSのフィルタの回避など、より届きやすく、また、緊急性を感じやすく、などの送信元の工夫の結果であると思われます。

というのも、もともと日付のない「【国税庁】最終通知、未払い税金お支払いのお願い。詳細はこちら。」という文面のSMSが9月3日・4日に急増していたためです。

こちらが本日9月5日には、日付が挿入されたタイプの文面となって、再び広まっています。

また、もともと8月以降このような国税庁を騙る偽SMSが急増しており、文章全体が様々に変化しており、多数のタイプが出回っています

したがって、今後も全く新しい文章のSMSやメールなどによって、国税庁を騙る連絡が届く可能性があります。

そのため、今後今回の文面以外のSMSに関しても同様に、国税庁を名乗るSMS(国税庁以外にも通信会社や配送会社などを騙る偽SMSが多数発生中)が届いた際には、「これも偽物なのではないか」と考え、慌てずに対応するよう、注意してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿