情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ChatGPT】「Was this response better or worse?」はどういう意味?出るときと出ないときの違いは?等について

ChatGPT (142)

ChatGPT(チャットGPT)の利用中、回答の下に「Was this response better or worse? [Better] [Worse] [Same]」と表示される場合があります。

この表示の意味や、この表示が出たり出なかったりする理由などについて紹介します。

「Was this response better or worse?」表示

ChatGPTの利用中、回答が表示され終わった後に、次の英語メッセージが表示される場合があります:

Was this response better or worse? [Better] [Worse] [Same]

「Regenerate response」を実行すると表示

この「Was this response better or worse?」表示は、ChatGPTに質問して回答が返ってきた後に、「Regenerate response」ボタン(再生成ボタン。モバイルでは再読み込みアイコンのボタン)を押して再度回答を生成させた場合に表示される表示です。

意味

そしてこの表示は、「この回答は前よりも良かったですか?悪かったですか?」というような意味で、2回目の回答と、最初の回答とのどちらのほうが良かった(Better)のか、悪かったのか(Worse)、それとも変わらない(Same)のか、と尋ねている質問です。

このように、同じ質問に対する2つの回答を比較する質問であるため、「Regenerate response」によって再度回答が表示されたときにのみ、表示されます。

3回目の回答では表示されない

ただし、その後さらに「Regenerate response」を続けて3回目、4回目と質問していった場合には、この「Was this response better or worse?」は表示されません。

あくまで2回目限定となっています。

2つのうちどちらのほうが良いのか、というシンプルな状況について質問したいためか、3回目以降の回答に対して表示されないことに加えて、3回目以降の回答を要求すると、2番目の回答に表示されていた「Was this response better or worse?」も消えてしまいます。

クリックした場合

それぞれの選択肢をクリックしても、特に追加の入力欄が表示されたり、クリックしたことに対する確認表示が出たりなどといったことはなく、ただそのまま表示が消えて終了します。

コメント(0)

新しいコメントを投稿